青岸渡寺

和歌山県の観光情報


【世界遺産】青岸渡寺4.3

LINEで送る
このスポットに行くGoogle Transit
お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

熊野エリアの山中にあるこの寺は、日本最古の仏教巡礼路の出発点となっていた。熊野信仰の3大社の1つである那智大社の隣りに建てられており、観音を本尊して祀っており、10世紀以来、巡礼者や修行僧を引き寄せてきた。

那智の滝を背景とした三重塔は、絶景のフォトスポットとなっている。本堂を訪れたあとに、三重塔に上って滝の雄大な姿を眺め、そのあとに坂を下って滝壺に近づくとよい。ここでのお土産は、黒飴と黒曜石がおススメだ。甘党の人は、黒飴アイスクリームを試してみてほしい。

目的パワースポット,世界遺産,家族向け,日本の秘境,紅葉,観光名所
最寄りの空港/駅関西国際空港 (約104.1km) Google Transit

口コミ

5.03 週間前

那智山のバス停から石段をのぼって
那智大社参拝の後に寄りました。

那智山は熊野三山の一つ。
熊野信仰の霊場として長い歴史があります。

もともとは那智の滝を中心にした
神仏習合の一大修験道場でしたが
明治初期に分離しました。

今でも神社(那智大社)と寺(青岸渡寺)として隣接しています。

隣り合わせで雰囲気がガラッと変わります。

こちらは天台宗の寺院。西国三十三所第一番札所。山号は那智山。
ご本尊さまは如意輪観世音菩薩さま。

長い歴史を感じ、今この時間に参拝できたことに感謝の気持ちでいっぱいになりました。

こちらの場所から見える
三重の塔や那智の滝の風景は素晴らしいです。

ご朱印いただきました。

4.01 か月前

熊野信仰を今に一番はっきり伝えているのが、この那智山だと思います。西国三十三所一番札所青岸渡寺です。那智大社と隣接しています。もともとは一つの信仰の場です。明治の廃仏毀釈で分離させられましたが、よく残ったものです。やはり、歴史と影響力でしょう。熊野は修験の霊場。ここはその雰囲気をよく残していると思います。やはり、那智の大滝のおかげと思います。厳粛になります。那智の滝を借景とする三重の塔は、朱と緑がマッチし、絶景です。三重の塔からの那智の滝も見応えがあります。

5.02 週間前

すぐ隣に那智大社があるお寺です。煩悩を破壊する仏法の象徴である如意輪観世音菩薩を本尊とされている為、威厳ある佇まいです。
水も新鮮で美味い!(濯げよ)

神社から梯子してお寺に来るって何だか面白いですね。自分は、地獄の階段→那智大社→ここ→三重塔と滝→帰りの階段を絶景を見ながら降りる、というルートでした。

5.03 週間前

2019/5/13拝受 いよいよ西国三十三観音のスタート。納経グッズは本堂内で全て揃っています。三重塔と那智の滝が観光スポットでも有るだけに巡礼以外の方も含め参拝者が後を絶ちません。御朱印もさすが西国の書き手の方だけあって素晴らしい御朱印でした!

5.01 か月前

GW後半の早朝に訪れました。大門坂を登り、観光センターからの急な階段を登り、右手に行くと、青岸渡寺の山門が見えてきます。さらに階段を登りきると本堂があります。7時30分頃でしたが、御朱印いただくことができました。境内から見る、三重塔と那智の滝はいつ見ても素晴らしいです。

レビュー (0)