青岸渡寺

和歌山県の観光情報


【世界遺産】青岸渡寺4.3

LINEで送る
このスポットに行くGoogle Transit
お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

熊野エリアの山中にあるこの寺は、日本最古の仏教巡礼路の出発点となっていた。熊野信仰の3大社の1つである那智大社の隣りに建てられており、観音を本尊して祀っており、10世紀以来、巡礼者や修行僧を引き寄せてきた。

那智の滝を背景とした三重塔は、絶景のフォトスポットとなっている。本堂を訪れたあとに、三重塔に上って滝の雄大な姿を眺め、そのあとに坂を下って滝壺に近づくとよい。ここでのお土産は、黒飴と黒曜石がおススメだ。甘党の人は、黒飴アイスクリームを試してみてほしい。

目的パワースポット,世界遺産,家族向け,日本の秘境,紅葉,観光名所
最寄りの空港/駅関西国際空港 (約104.1km) Google Transit

口コミ

5.0過去 1 週間以内

西国33観音霊場巡りの第1番札所として有名な青岸渡寺。
如意輪観世音を祀る青岸渡寺の本堂は、4世紀頃、インドから那智に渡来したインドの僧-裸形上人が、那智滝の滝壺で見つけ本尊として安置したと云われています。
後、豊臣秀吉が再建したもので、国の重要文化財に指定されています。
本堂後方には、那智の滝との調和が美しい朱色の三重の塔がそびえ立っており、必見のフォトスポットになっています。
建物も風格があり、観音様のお姿も最高です。
車を駐車場に停め寺までは石段が20分程続きます。本堂参拝の後、御朱印-「普照殿」をいただきました。

5.05 か月前

那智山のバス停から石段をのぼって
那智大社参拝の後に寄りました。

那智山は熊野三山の一つ。
熊野信仰の霊場として長い歴史があります。

もともとは那智の滝を中心にした
神仏習合の一大修験道場でしたが
明治初期に分離しました。

今でも神社(那智大社)と寺(青岸渡寺)として隣接しています。

隣り合わせで雰囲気がガラッと変わります。

こちらは天台宗の寺院。西国三十三所第一番札所。山号は那智山。
ご本尊さまは如意輪観世音菩薩さま。

長い歴史を感じ、今この時間に参拝できたことに感謝の気持ちでいっぱいになりました。

こちらの場所から見える
三重の塔や那智の滝の風景は素晴らしいです。

ご朱印いただきました。

5.01 か月前

とても言葉に出来ない素晴らしい観音様でした。
ずっと不妊だったのですが、(身籠れるような身体ではなかったのですが)その後すぐに子どもを身籠り無事に出産。
いま思い返しても摩訶不思議です。
那智の滝もとても力強いエネルギーに溢れる場所でした。
授かった子どもです。大切にしようと思い出しては慈悲と慈愛に感謝して過ごしています。
ありがとうございます。
また、子どもも連れて伺いたいと思います。

5.02 か月前

西国三十三所の一番札。建物も風格があり素晴らしい。
またここから観る那智の滝もよかったです。少し遠いので滝の壮大さを感じるには滝つぼまで行くべきですが、遠い分SNS映えしそうな写真(滝の水を丸飲みしてる写真など)も撮れます。

天候が悪かったので通行料(800円)を払って上まで車で行きましたが今度は下から参道も楽しみたいと思います。

5.02 か月前

熊野那智大社のお隣のお寺です。
本堂は天正18年(1590)に豊臣秀吉が再建したもので床下まで素晴らしい造りを見ることができます。
脚力に自信のない方は那智滝付近から神社防災道路(800円)を通るのがおススメです。

レビュー (0)