ねぶたの家 ワ・ラッセ

青森県の観光情報


ねぶたの家 ワ・ラッセ4.0

LINEで送る
このスポットに行くGoogle Transit

この博物館は2011年にオープンし、過去に使われたねぶた(山車、フロート)のデザインやイメージを展示しながら、青森ねぶた祭りの歴史を紹介している。アトリウム(吹き抜け)には実物サイズのねぶたも飾られ、その威風堂々たる姿に圧倒される。「ワ・ラッセ」というコトバは、調和を意味する「和」に、祭りの掛け声である「ラッセ」を組み合わせたもの。

目的体験,観光名所
最寄りの空港/駅新千歳空港 (約232.1km) Google Transit

口コミ

4.01 週間前

テレビで見た北村春一さんの「木花咲耶姫」が見たくて訪れました。桜が白く抜かれピンクの濃淡が見事でした🙌もちろんねぶた大賞の竹浪比呂央さんの「紀朝雄」の和紙に歌がしたためられた繊細な表現対比した鬼の表情も素晴らしい‼️出来れば2017年のねぶた大賞北村麻子さんの紅葉狩りも見たかった❤️昔のねぶたは馬や虎、龍が多いけど令和元年にちなんで優雅な姫や鳥 可愛い動物が登場して心も潤います。青森市民として誇りに思います‼️県外や海外の皆さんも喜んで観ていました🤗

5.02 か月前

ねぶた祭りに興味があったので寄ってみました。
近くに駐車場あり、建物はデザイン性がありとても立派です。
青森駅からも近く、見学し終わった後に駐車場に停めたまま青森駅周辺をお散歩しました。
ワ・ラッセで駐車料金が1時間無料になり、合計3時間程停めましたが駐車料金は200円程だったと思います。安いっ!!

さて、ワ・ラッセですが、2階に受付がありチケットを購入します。
なんと!JAF会員はお安くなりました!
600円が540円になったと思います(^ ^)
ラッキー( ̄∇ ̄)

入るとまずは、ねぶたの歴史や作成方法、シアターもありましたが私たちは時間が合わず見れませんでした。。。
ねぶた作成方法の部分で、自分でねぶたをデザインしてみよう!!という機械があり色とか眉毛、口、目を自分で決めると上部にあるねぶたに投影されるようになっており面白かったです(^ ^)
行ったら是非ともやってみてください!

ねぶたのお勉強が終わると本物の展示です!!
圧巻でした!(๑>◡

4.01 か月前

ねぶたを近くでじっくり見られるのはいい経験になり、5歳の娘も楽しんでました👍
1時間に1回のペースでお囃子の体験がありましたが、1時間ほど待ちがあったので、一旦ワラッセを出て、A-factoryで昼食や買い物をしてから、再入場しました。
ワラッセと八甲田丸の共通券を買いましたが、八甲田丸もなかなか見応えがあったので正解でした。
お隣のA-factoryにも寄ると思いますが、アスパムの駐車場に停めてしまうと駐車料金のサービスが受けられないので要注意。
私はアスパムに停めてしまいサービス受けられず😣よって星ひとつ減で。

5.01 か月前

障害者手帳提示で、私と旦那さんが無料で観覧させていただけました。祭り会場ではついつい暑さや人混みで山車をしっかり眺められないことが多いので、こうした施設はありがたいですね。
電子版を使ってオリジナルねぶたの絵付けや、ねぶたを書いてみよう!という楽しい体験型のコーナーがあるのでお子さまにはオススメです!

5.01 か月前

閉館30分前に入館料600円を払っても惜しくない展示内容でした。
本物を見ることができ、あまりの美しさに、一度はねぶた祭りを観てみたいと思いました。
下絵と本物を見比べができたり、ねぶたの中の骨組みや、制作方法、名人系図など、充実した展示内容。ビデオ上映は上映時間外でしたが、観られていたらもっともっと、ねぶた祭りに行きたくなりそうな気がします。

レビュー (0)