鳴子温泉

宮城県の観光情報


鳴子温泉3.9

LINEで送る
このスポットに行くGoogle Transit
お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

鳴子温泉は、硫黄臭の強い酸性のお湯からヌルヌル系のアルカリのお風呂まで、性質のまったく異なるさまざまな温泉がある場所として有名です。大型ホテル、旅館、湯治宿が揃っていますが、そのほとんどが宿泊客に下駄を貸し出しており、町の通りにはカランコロンという下駄の音が響きわたっています。また、鳴子はこけし(日本の伝統人形)の産地としても知られ、ショップや通りにはこの人形がたくさん立ち並んでいます。

複数のお湯をめぐることができるパス(チケット)がお奨め。日帰りの旅行者には、わずかの入浴料で楽しめる「滝の湯」という共同浴場があります。無料の足湯もあり。

目的健康になる,日本の冬を感じる場所,温泉,観光名所
最寄りの空港/駅仙台空港 (約69.9km) Google Transit

レビュー (0)