国立文楽劇場

大阪府の観光情報


国立文楽劇場3.7

LINEで送る
このスポットに行くGoogle Transit

国立文楽劇場は、日本伝統の「文楽」人形劇を上演するための劇場。文楽では1つの人形を3人で操作し、1人は足、もう1人は左手、そしてメインの人形師が右手と頭を動かす。さらに、語り部と三味線の演奏者が舞台に上がる。

文楽は1日に約4時間のステージが2回上演される。上演があるのは1月、4月、6月、7~8月、11月で、通常は3週間の連続上演がある。ひと幕のみのチケットは、当日に限り、カウンターで販売している。英語のパンフレットと音声ガイドもある。

目的観光名所
最寄りの空港/駅大阪国際空港(伊丹空港) (約15.2km) Google Transit

口コミ

2.01 か月前

すごく立派な建物でした。人生初の文楽で奥さんと小学生の子供3人で行ってきました。
文楽は歴史も長く、期待していたのですが、
文楽が始まると言葉が難しく理解できなかったです。
舞台の上に電光掲示板がありましたがそこで現代語での翻訳や、あらすじなど分かるともっと理解しやすかったです。海外の人用に英語表記があれば良いなと思いました。子供は頑張って理解しようとしてましたが、途中から学校の宿題していました。
もう少し万人に理解できる様にすれば廃れていかないんじゃないかなと思います。
因みに僕はおそらく2度と自分からは行きません。
でも日本の古典芸能なので頑張って欲しいなと思います。

5.03 か月前

立地は地下鉄日本橋駅の前で近鉄日本橋駅からも近く、アクセスはかなりよいです。とても目立つので遠くからでも分かると思います。
館内は1階が受付で2階が劇場となっています。2階への階段は緩やかで上りやすいです。綺麗なトイレもあります。
座席は前後左右とも広くゆったりしていて、ストレスを感じることはないです。映画館とは違う、独特の雰囲気を感じることができます。
劇が始まっても真っ暗にはならず、見えやすいです。舞台上部には字幕も表示されるので、聞き取れなくてもわかりました。ただし、後ろの方の席だと人形の表情や動きが見えにくいかも知れません。
自動販売機もあるので、喉が渇いても大丈夫です。お土産コーナーはありますが、少し狭いかもしれません。
総合的には、綺麗で過ごしやすい空間を演出してくれる、素晴らしい劇場です。

3.01 か月前

一生に一度くらいは、観ておこうという感じ。現代人の私には、話の進み具合にスピード感がなくダレてきました。伝統芸能だから仕方ないところもあるとはおもいますが、現代風にアレンジした物も作り、新旧織りまぜれば、若い人達も来場するんではないかと思いますね。

5.03 か月前

座席はゆったり。前後の感覚も広く、足元も段差がない。シートもいい。義太夫の語りの字幕が舞台の上に出るのでわかりやすい。入り口では解説が聞けるイヤホンの貸出もある。売店もあるがもう少しグッズの種類がほしいところ。

5.01 か月前

文楽の総本山、コアなファンから小学生向けの文楽講座まで幅広く行われている。
近くにはなんばウォークもあり、レストラン等も複数ある。
お昼、夕ご飯の確保をしっかりと。

レビュー (1)

X24

私は、gthis スポットをご案内することができます。

私は、gthis スポットをご案内することができます。

I can guide gthis spot.

続き閉じる

すべてのレビュー

旅行プラン