大阪市中央公会堂

大阪府の観光情報


大阪市中央公会堂3.5

LINEで送る
このスポットに行くGoogle Transit

中之島のシンボルとなる建築物で、レンガ造りのノスタルジックな風貌が人気を集めている。冬場に大阪を訪れた人は、ここでイルミネーションの祭典が毎年行われており、公会堂の壁は幻想的な光を映し出す巨大なカンヴァスとなる。周辺には珍しい形をした建物が多く、隣接する中之島公園はバラが有名だ。

目的観光名所
最寄りの空港/駅大阪国際空港(伊丹空港) (約12.4km) Google Transit

口コミ

4.02 週間前

大阪・中之島の緑と水に囲まれ赤レンガが映える大阪市中央公会堂は、文化、芸術、社会活動の場として利用されているレトロ建築であり、大阪城天守閣とともに大阪市のシンボルでもある。建物は鉄骨煉瓦造の地上3階、地下1階。ネオ・ルネッサンス様式を基調としつつ、バロック的な壮大さを持ち、細部にはウィーン分離派様式も取り入れられている。アーチ状の屋根と、洋画家の松岡壽によって天地開闢が描かれた特別室の天井画・壁画が特徴だ。竣工は大正7年(1918)、建設費の100万円(現在の50億円)は、当時の株式仲買人の岩本栄之助の寄付によるもの。設計者は明治時代の建築界を代表した岡田信一郎と辰野金吾ら。2002年には改修工事が終了し、80年ぶりに竣工当時の姿として甦った。かつて社会福祉家のヘレン・ケラーや、ソ連の宇宙飛行士・ガガーリンなども訪ねている「大集会室」は、現在、講演会やコンサート会場として利用されているほか、地下1階の「中之島ソーシャルイートアウェイク」では、クラシックとモダンな雰囲気の中で料理をゆっくり楽しめる。

5.02 週間前

場違いを承知で書きます。建築業者の方から3年間迷惑行為(つきまとい)をされ生活を安心しておくれなく困っています。誰か助けてください。家に押し掛けてくる。家に押し掛けて大声を張り上げる。プライバシー個人情報をしつこく詮索。怒鳴る。警察へ連絡すると後日より一層行ってくる。家に居るのかや普段何をしているのかをしつこく詮索される。聞き込みまでしてました。迷惑だって言ってるのに辞めないとか他人の事を舐めているとしか思えません

警察へ連絡しても辞めず何度も何度も押し掛けしつこく詮索し辞めません
3年間もずっと続いていますが相手は3年前の事や2年前の事はころっと忘れています
警察官に堂々とどういう事を詮索しているのか説明していたり他人の迷惑になっている自覚が無いようです
こちらが警察へ相談すると怒りだしあいつは何をしているんだあいつがおかしい扱いです。家に押し掛けてきたり変な事するから連絡してるだけです
こちらが警察へ連絡し相手の方へ話に行くと思いますがいつもふてくされてぶつぶつ言ったり時間が経てば同じことを繰り返す
他人のプライベート個人情報をなんだと思っているのか、いい迷惑なのに全く辞めないし反省もしない
有限会社第一外装
代表新井明夫

また一緒に関わり家の周りをうろつく
怒声を張り上げる男性がいます
警察が来ると余計怒鳴り玄関に押し掛けて暴れました。どういう風に怒鳴るか警察へ連絡すると後日よりオーバーに怒鳴ったり
執拗にこちらのプライベートを詮索し始めました
家の周りをうろつき窓の前に立ち怒鳴りしかも第一外装と関わり一緒に迷惑行為をする

木下賢二
広島市西区小河内町1-16-11

素直に辞めればいいのにぶつぶつ言ったり
よりこちらを意識して行ってきます
結局やられた側は引っ越しを余儀なくされる
警察へ連絡しても逆恨みされる
何故か相手から加害者扱いされている
何も良いことなし、相手と関わりはない
いい迷惑です会社がすることじゃない
いじめも同じです

5.04 か月前

外観から大正時代の建物の優雅さです。中の見学会ガイド500円で定期的に開催されています。おみやげショップも小さいがいいものを揃えています。
地下に食堂とワインバーが有りワインバーは夜にお勧めです。
コンサートも特別室で不定期に開催されています。2500円で元宝塚歌劇団のコンサートも聞けるよ〜!絶対にお勧めです!

5.04 か月前

非常に歴史を感じる事が出来る建物。
ヨーロッパ建築を日本に持ち帰ったことが良くわかる作りになっている。
とても感慨深い建物である。大阪市中央公会堂は、ひとりの大阪市民、岩本栄之助氏の寄附をもとに1913年(大正2年)に着工し、1918年(大正7年)に竣工しました。以来1世紀近くにわたって国際的な一流アーティストによるオペラやコンサートの他、各界著名人の講演会も数多く開催されるなど、大阪の文化・芸術の発展に深く関わってきました。
時代の流れとともに、その役割も様変わりしましたが、現在もなお、公会堂の壮麗な雰囲気を生かした様々な利用がなされており、市民の活動拠点となっています。

5.02 か月前

2020/02/09

【⌚観覧歴】
2020/02/09
"Romantic A La Mode 16"

【💁観覧ガイドツアー】
Webサイト"いちょうネット"・電話・施設事務室受付より、2ヶ月後までの予約が可能。
申し込み枠の追加は、毎月1日。

【📅主要な部屋の予約(催事など)】
毎月1日、1年後の同じ月の抽選発表あり。
競争率が高く、確保は難しい。

⚠️
すべての利用者へ

この施設は、日本国の重要文化財であり、装飾などに、開館当時からの貴重で繊細なものがございます。
主に、ステンドグラス・カーテン・壁画などです。
特に、3階にそのようなものが集中しておりますので、ご利用には細心の注意を払ってください。
また、3階[特別室(貴賓室)・中集会室・小集会室]など、個人・団体への貸しを前提としているお部屋は、催事やガイドツアーなどの参加者を除き、立ち入りおよび撮影が禁止されております。予めご留意ください。

⚠️
催事など主催者の方へ

近年の外国人観光客の増加により、日本語をあまり話せない方が、前述の貸し部屋での催事などで、無許可で立ち入り・撮影されるなどのトラブルが生じております。
英語を中心としたトラブル対応マニュアルのご用意を推奨します。

⚠️
お車・タクシーで、土日祝日などにご来場の方へ

土日祝日・"大阪光のルネサンス"会期中などの予め指定された日は、周辺一帯が歩行者天国となる為、専用駐車場の利用ができません。
近隣のコインパーキングなどをご利用ください。
その際には、タクシーの乗り付けもできませんので、施設の北側にある"天満警察署"など、タクシー運転士への確実な停車地点のご指定を推奨します。

【概要とコメント】
1918年に開館、日本国の重要文化財でありながら、貸し利用のできる貴重な施設。
何度来ても飽きのこない内外装が特徴的であり、芸術性のある施設で、ロケーション撮影や挙式会場としてよく利用されています。
様々な細工が施されており、3階・特別室で、"水都・大阪"を象徴する存在である、水上での航路を示す標識を基に制定された、大阪市の市章である"澪標(みおつくし)"を探すのは、大阪市民である私にとって、ちょっとした楽しみであり、アイデンティティの再確認でもあります。

レビュー (0)