依水園

奈良県の観光情報


依水園3.5

LINEで送る
このスポットに行くGoogle Transit

依水園は東大寺の西側にある美しい庭園で、奈良で見ることができる最高の庭園と言ってよいだろう。
庭園は17世紀半ばに遡る前園と、19世紀末に大富豪が造園した後園の2つの部分で構成されている。
前園には茶屋があり、抹茶やぜんざいなどを頂くことができる。
後園はなだらかな芝生の背景に、東大寺の門や近隣の丘を「借景」として取り入れていることで有名だ。

庭園には中国や朝鮮の磁器や青銅器を展示する小さな美術館もある。
この場所は旅行者にそれほど知られておらず、秋の紅葉のシーズンでもゆったりとした静かな雰囲気を楽しむことができる。

住所:奈良県奈良市水門町74
交通アクセス:近鉄奈良駅より徒歩約15分(東大寺西隣)

目的観光名所
最寄りの空港/駅奈良駅 (約1.7km) Google Transit

口コミ

5.07 か月前

今回の奈良への旅の目的地であった寧楽美術館。江戸時代に活躍した、大分県竹田市出身の作家・田能村竹田氏が晩年に残したと言われる、全13間からなる大作「亦亦一楽帖」が常設されているとのことで見に行きました。残念ながら行った日は常設展にて展示されておらず、次回は4月からの展示とのことでしたが、係の方がご丁寧に対応していだき、参考資料をもとに説明していただきました。また次回の楽しみとしてとっておきたいと思います。依水園は若草山、東大寺の門を借景にした素晴らしい庭園です。

3.011 か月前

日本庭園、依水園と併設された小ぢんまりとした美術館です。依水園を買い受けた実業家 中村準策が収集したコレクションが飾ってあります。中でも、青銅器の彼是は見る価値あります。

5.01 週間前

日本庭園が秀逸です。

春日山、東大寺山門を借景に
心落ち着く回遊式の庭園です。

外国の方も少なく庭園を鑑賞しながら
夏は蝉時雨、春は野鳥のさえずりを聴きける
とても静かなところです。

庭園のはるか彼方には阿倍仲麻呂が

  天の原ふりさけ見れば春日なる

      三笠の山に出でし月かも
 
    と詠んだ三笠山を望むことができます。

4.01 年前

入館料がかかりますので、ガラガラです
確か900円程。
しかし綺麗に整備と手入れがされています
全部回って20分ぐらいです
紅葉🍁と庭園目当てで行きました。
とても美しく日本の庭園といった感じです
寧楽美術館の観覧料も料金に含まれています
ここには青磁象嵌の展示がありました
とても美しい青色の陶磁器がありました
象嵌技法について詳しい解説がしてあります
難しいので、正直わからないです(笑)
あまり広くは無いです

4時過ぎには閉まってしまいますので、気をつけてください

4.01 年前

茶室の前庭と奥の大池を伴う庭がある。立ち入り禁止の場所には、文字ではなく、茶道で使われる止め石(紐で十字に結わかれた結界石)が静かに置かれている。個人的には、竹にしゅろの葉を束ねた箒が上品で気に入りました。3月の訪問でしたが、花の時期や緑豊かな時期、紅葉と楽しめそうです。

レビュー (0)