奈良国立博物館

奈良県の観光情報


奈良国立博物館4.3

LINEで送る
このスポットに行くGoogle Transit
お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

奈良公園の周辺に位置する奈良国立博物館は、日本の仏教美術を中心に数多くの作品を収めている。1894年に建てられた本館の「なら仏像館」は、フレンチ・ルネサンス様式の華麗なファサード(正面)を有し、この中では多くの国宝を含むさまざまな仏像を見ることができる。

比較的新しい東新館と西新館では、特別展示用の彫刻・絵画・書道作品を保有しており、毎年10~11月頃に開かれる「正倉院展」という特別展では、東大寺の国宝や文化財を展示し、古美術ファンの人気を集めている。博物館は、東大寺、興福寺、春日大社などに隣接している。

目的私は芸術が好きだ,観光名所
最寄りの空港/駅大阪国際空港(伊丹空港) (約38.2km) Google Transit

口コミ

5.02 週間前

コロナ感染症の影響で会期が変更になったけれど、2020年7月4日から9月6日まで「御大典記念 特別展 よみがえる正倉院宝物-再現模造にみる天平の技-」が開催されています。
今回の特別展は、本物ではなく模造品の展示ですが、精巧な模造品だからこそ、当時の人が実際に見て魅了された美しい姿を感じられました。
螺鈿紫檀五絃琵琶や螺鈿箱をモチーフにしたグッズも色々ありました。
正倉院特別展のチケットで、地下の廊下つづきで併設の「なら仏像館」も鑑賞できました。
途中の廊下に仏像の基礎知識のような展示があるのも面白く、ミュージアムショップに仏像グッズもありました。

4.0過去 1 週間以内

正倉院の御宝のレプリカ展示を観に行った。
どのように再現しているのか、あの有名な琵琶の装飾はどのように行いどのくらいの人数や年月をかけているのかを知って気が遠くなった。
中はほとんど撮影NGだったのは残念だったが、奈良時代当時の装飾品は中国や朝鮮、インドなどの影響を受けており、他の時代と比べてかなりエスニック要素が強く興味をそそららた。

常設展も同じチケットでみることができたのもよかった。仏像を作る工程なども展示されていて面白かった。

5.0過去 1 週間以内

今まで東京と九州の国立博物館は見学した事がありますが、奈良は初めてでした。特別展は「よみがえる正倉院宝物-再現模造にみる天平の技-」でした。
「螺鈿紫檀五弦琵琶」は平成27年の九州国立博物館の特別企画で本物を観る事が出来たのですが、今回の「再現の技工」も見事でした。

4.01 週間前

いつもは人 人 人でごった返す正倉院展ですが、ゆったり、ゆっくり見ることができます。

4.02 週間前

正倉院の宝物の、レプリカの展示をしていた。徹底的な模造をしていた。絹糸等、蚕探し、染める草探しから、始まっているのだった。
会期は遅れたが、出品されたのである。令和二年の春の予定が、八月になっている。九月六日まで行う予定だ。

この八月は暑いので鹿が、博物館の池に入る程だった。しかし、デスバレーの50度を超す暑さ。東南アジアなら、夏→夏→夏→夏。日本ならではの、春→夏→秋→冬。季節に文句を言うことなく、暑さを楽しもうではないかと思う。今までの奈良と比べれば、空いているのである。

レビュー (0)