観瀾亭

宮城県の観光情報


観瀾亭4.0

LINEで送る
このスポットに行くGoogle Transit

松島湾を見下ろす観瀾亭(かんらんてい)は、桃山文化のスタイルを伝える大きな茶室だ。みごとな装飾が施されたこの建物は、もともとは京都につくられていたが、17世紀にこの地に移築された。要人のための茶道、納涼、観月の場として利用された。

部屋の1つには、金屏風のふすまや書道の作品が豪華に飾られている。現在は縁側に座って、松島湾を一眸に見渡しながら、抹茶をたしなむことができる。この建物の裏側に小さな博物館があり、よろい、武器、道具など歴史的な品々を展示している。

目的観光名所
最寄りの空港/駅仙台空港 (約28.2km) Google Transit

口コミ

4.07 か月前

「松島博物館」は伊達政宗が豊臣秀吉からもらった伏見城の遺構である建物の「観瀾亭」の脇に位置しています。
館内では伊達家に関する宝物を展示しています。頻繁に展示替え&企画展をしているようですが、そんなに広い展示スペースでは無いので「あっ❗️」と言う間に見終わってしまいます。
やはり隣接する観瀾亭とセットでの拝観がイイと思います。ちなみに観瀾亭&松島博物館は高台に位置していて松島湾の展望がとても良い場所です。桟橋からとは全く違った湾の景観が楽しめます。

5.08 か月前

皆ここを素通りして島に向かうから空いてて良き。座敷でお茶飲んだり、美しい浜の絵や松島湾をみれる

4.01 年前

建物は東西に向き京間18畳2室からなり四方縁をめぐらした簡素明快な建築である。
床の間の張付絵や襖絵は壮麗な極彩色で画かれており、柱間1間6尺5寸の京間であること、軽快な起りを持つ屋根からして桃山時代の建築であると考えられている。
藩主の納涼、観月の亭として「月見御殿」とも呼ばれたが、公式な記録によると藩主・姫君・側室等の松島遊覧、幕府巡見使等の諸国巡回の際の宿泊及び接待用の施設となる「御仮屋」として利用されていた。
江戸時代の終わりまでこの敷地内には藩主などに随行する侍の部屋、台所、馬屋など11棟あまりの建物が存在しており、観瀾亭はその中で一部分が現存しているもので我国でも貴重な建物である。

4.01 年前

お茶を飲みながらのロケーションは素晴らしい!❗

4.01 年前

博物館と景観が同時に楽しめるスポットです。

レビュー (0)