仙台市博物館

宮城県の観光情報


仙台市博物館4.0

LINEで送る
このスポットに行くGoogle Transit

仙台市博物館は仙台城の跡地にあり、仙台市と宮城県の歴史を主に説明する博物館だ。中心となるとのは伊達家から寄贈された大量の史料で、江戸時代のサムライ文化を包括的に知ることができる。とくに、片目を失い「独眼竜」の愛称で呼ばれた大物武将・伊達政宗について詳しく解説している。
また、もう1つの見どころは伊達政宗の家臣で、欧州に渡航した日本初の大使となった支倉常長(はせくらつねなが)に関する展示。1613-1620年に支倉は使節団を率い、ニュースペイン(アカプルコ、ベラクルス)を経由して、スペインやローマのバチカンを訪れている。ユネスコ記憶遺産に登録された、支倉常長の肖像画やローマ教皇パウロ五世の肖像画などをはじめ、常長が持ち帰った品々(国宝)を見ることが出来る。

目的日本についての知識プロ向け
最寄りの空港/駅仙台空港 (約14.6km) Google Transit

口コミ

4.01 週間前

仙台の歴史を古代から現代まで追いながら知ることが出来ます。
伊達家については非常に詳しく説明されていて興味深いです。
ボランティアの方が分かりやすく解説下さったりします。
プレイミュージアムの窓口の担当者さんが塩対応というか気が利かないというか、、、子供がやりたそうに見てるのに声がけとかせずに無視って感じなのが残念でした。

5.0過去 1 週間以内

仙台市博物館。
 規模が大きく、展示物の数も多い!!! 市立博物館で、この規模のものを作れる仙台市がすごい!!! と思った。
 ちょうど自分が行ったときには「支倉常長展」をやっていた。以前、8月の休日に、ここに来たときは、駐車場がいっぱいで入れない!!! ということがあった。いっぽう3月の平日に行ったときは、さすがに余裕で入れてありがたかった。
 博物館の裏手の庭(館庭)に出てみると、中国の小説家の魯迅(ろじん)の碑があった。仙台医学専門学校(現:東北大学医学部)で魯迅が学んでいた関係でここに建てられているのだろうと思った。また伊達政宗の胸像もあった。
 さらに博物館の館庭から、山道を登って行くと、アスファルトの広い道に出た。そこをさらに登って行くと、偶然、有名な伊達政宗像のある青葉城(仙台城)に着いた!!! 思いがけなかっただけに感動&びっくりだった。
 近くにある宮城県美術館、仙台城跡(青葉城)とあわせて楽しめる。

4.02 か月前

特設展を見に行きました。個人的には市営の科学館や美術館より馴染みのない施設でしたが、行ってみると意外と楽しめます。常設のプレイコーナーのようなところには昔のおもちゃや本物の琴を触って良いコーナーがあり、子連れの方も楽しめそうと思いました(そのコーナーだけで1時間以上遊べそうです)。特別展示内容は時期により異なるでしょうから触れませんが、内容が変わった頃に再訪したいと感じる施設でした。

5.02 か月前

仙台城三ノ丸跡にある市立博物館。基本的には写真撮影自由です。地元のボランティアの方がいらっしゃって、約20分間程プライベートにガイドと説明をして下さいます。もちろん無料です。色々と質問したりしながら良い時間を過ごせました。ただボンヤリと見学するよりもずっと良かったです。ありがとうございました。

4.03 か月前

伊達家ゆかりの歴史的な資料をはじめ仙台に関わる歴史・文化を学べる常設の展示だけでも一見の価値ありです!
せっかく旅行で訪れた地のことは少しでも理解したいと訪れてみましたが良かったです。
こちらの博物館から伊達政宗公の騎馬像のある仙台城跡(青葉城址)まで散歩がてら歩いていきましたが、なかなかよい運動になりました。
伊達政宗公三昧のよい一日を過ごすことが出来ました。

レビュー (0)