肘折温泉

山形県の観光情報


肘折温泉4.0

LINEで送る
このスポットに行くGoogle Transit
お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

9世紀に発見されたこの温泉は、湯治の効能が謳われており、心や体を癒そうとする人たちを数多く集めている。伝説によると、近隣の聖なる山・月山(がっさん)で修行をしていた僧が、この温泉で骨折した肘を治したという。この村はリング状に山で囲まれているが、これは太古の時代の噴火口であったためで、温泉が多いのもうなずける。

23の小さな旅館があり、街には迷路のような細い道が続く。4月から11月まで夜明けとともに朝市が開かれ、近隣農家の主婦たちが威勢のよいの掛け声で、新鮮な野菜・果物・きのこを販売している。村をめぐる人力車サービスもあり、夏に湯につかったあとに浴衣を着てこれに乗れば、旅情も深まる。

目的シニア向け,健康になる,大自然,日本の冬を感じる場所,温泉,秘湯
最寄りの空港/駅仙台空港 (約84.5km) Google Transit

口コミ

5.0過去 1 週間以内

山合にある、静かな落ち着きのある温泉場です。朝市は近隣のおば様達が自慢の農作物、山菜、キノコ、お手製の漬物やお餅などついつい買い過ぎます。
癒されますよ~っ♨️

5.01 か月前

東日本大震災後、体調を崩し2週間程湯治モドキをしていたので、7年位振りに訪れたが、やはりホットする風情が良い。今回は一泊だったけど次回はもう少しゆっくり楽しんで泊まりたいと思います。

4.01 か月前

開湯1200年の歴史ある温泉。
肘を折った僧侶が温泉に浸かったところ、治ったという言い伝えからその名前がついた湯治湯。
温泉街の路地では、夜明けごろから温泉名物の朝市が始まる。

レトロな外観のお洒落な旅館や歴史ある建物もあり、ぶらぶら散歩するのも楽しい。
今回は平日の午前中に到着したが、観光客は数人程度で温泉街がほぼ貸し切り状態。
温泉街は周辺も含めて道幅が狭い場所もあるので、車の運転・すれ違いには注意して!

1.05 か月前

敬意を表してワンスター☆。一度は来てみる価値がある温泉郷。絶壁→雪壁→ラーメン構造橋→カルデラ底の温泉郷。温泉も素晴らしいが何より人が温かい。よぐ来たごどなぁって旅人を饗す文化は未だ健在なり。平成30年豪雪では観測史上稀に見る4m50cm越え。進撃の巨人の小さいのと同じくらいの高さ。青森県酸ヶ湯に劣らない超豪雪地帯を往く。難儀したが遭難はしなかったどー。ほでこぎもなし。

☆ 平成最後の最後に訪れようと天気の塩梅を見て訪問する。試しに立ち寄った先の山形県民(北部)の人らに「肘折温泉に行くんすよー」と声かける→ほぼ100%の確率で顔にお気の毒に…(´-`と浮かない表情するのが面白かった。そんでエールをくれるのも◎。
積雪は例年の半分程だが昨年のこともあってか、地元民は全く油断してない。流石だ、除雪完璧。問題なし。ノープロブレム。日帰り温泉に行った黄金温泉レポ。記録しておく。

→追記 希望大橋から温泉郷を眺めると、谷底に住まう人らがまるでエルドラドかシャングリラに住んだ人々の末裔かと思うだろう。猛者は積雪30cm越えの次の日に行くがよい。割引きになるし、あわよくば宿泊代無料になる。2月が狙い目。俺は行かない!

5.01 か月前

静かで、ゆっくりとしたいときに最適です。旅館や温泉街の人達もとても温かくもてなしてくれます。また、行きたい温泉です。

レビュー (0)