吉原(アダルト)

東京都の観光情報


吉原(アダルト)3.5

LINEで送る
このスポットに行くGoogle Transit

日本最大のソープランド街といえば東京の吉原。このエリアはソープランド一色だ。大衆店から超高級店まで幅広い店舗が、約500m四方に100店舗ほどある。お店のジャンルも様々で、若い子から、主婦、AVタレント、おばさん、などなどあなたの好みは必ずある。タクシーを上野駅か浅草駅からタクシーが便利。高級店では、10万以上する場合があるので、入店時に金額を確認しよう、また看板を出している店でぼったくりは無い。写真と違うというアクシデントはあるが・・・

※日本の風俗の基礎知識
「ソープランド」
地域が限られているのでどこにでもあるわけではない。性風俗では唯一、室内にお風呂があり、入浴できるのが魅力。
女の子は入浴の補助をしてくれて、献身的な姿にぶっちぎりで癒されます。男たるもの、一度は知っておきたい魅惑の世界です。
金額は高めだ

---SEXはできないが抜くことはできる。女の子とイチャつける。----
「ファッションヘルス」 お店を構えてお客さんを迎える店舗型 金額は平均的
「デリバリーヘルス」 ホテルや自宅に女の子が来てくれる派遣型 金額は平均的
「メンズエステ」 女の子がオイルマッサージをしてくれる。マッサージの後に手コキでスッキリさせてくれるのが主流。金額はやや安め
「出張エステ」 メンズエステとサービス内容では同じなものの、こちらは自宅やホテルに女の子が来てくれるスタイル。金額は平均的
「ピンクキャバクラ・ピンクサロン(ピンサロ)」店舗型でお酒の提供が認められていて、個室内で晩酌の相手とお口でのすっきりがある 金額はやや安め

---SEXはできない。抜きもない。女の子とお酒で盛り上がる----
「キャバクラ」お酒の席に、お店の在籍の女の子がお酒の相手をしてくれる。イチャイチャはできないが、仲良くなってあとからということもあり得るかも。自分の言語を話せる女の子がいるか確認するように。性的なサービスがないのでびっくりするような美人も多い。金額は安めだが、お店に滞在する時間次第では高めになるので時間と金額を確認してから入ろう。

目的18才以上
最寄りの空港/駅東京国際空港(羽田空港) (約19.5km) Google Transit

口コミ

5.01 か月前

江戸時代最大規模の遊郭のあった吉原には、旧町名の説明書きが設置され、江戸時代の通りの名前が残っている。遊郭が立ち並んでいた揚屋通りにソープランドが集まっているのは当然の帰結だということを、町歩きをして感じました。

5.02 か月前

日本最大のソープランド街。350年を越える歴史があるが幾度もの大火、戦火によって戦前からの建造物はほぼ残っていない。
(大門を渡った土手通りにの『桜なべ中江』、『土手の伊勢屋』は奇跡的に戦火を免れ当時のままの建物が残っており国指定登録有形文化財に指定されている)
ただ現在でも道筋はまったく変わらず残っており古地図と照らし合わせて散策すると往時に思いを馳せる事ができる。
お歯黒溝、跳ね橋、赤線時代のカフェ建築など遺構も多少は残っている。吉原の歴史、文化を残そうという動きも盛んで吉原節分お化け祭り、吉原俄や吉原内ではないが吉原おいらん道中などが行われている。

5.03 か月前

パコパコだけではない歴史価値あるの所だ、みんなこの場所をちゃんと守ってね

1.05 か月前

初めて訪れましたが、今も妖しい店が多いです。近くに樋口一葉記念館があり、そのついでに、街並みを見学しました。彼女の作品の舞台裏と歴史をかいま見る思いでした。男性は、決して一人で歩かないことです。幸い妻と一緒だったので、誰にも声はかけられずに済みました。

4.01 年前

江戸時代からの日本一の風俗街。
江戸幕府開設初期1617年、日本橋近くに幕府公認の吉原遊郭ができる。

「吉原」の名は遊郭開拓の為、幕府に交渉し成功した床司甚内よいう人物が駿府・東海道の宿場「吉原」出身であるからという説。徳川家康の隠居地「駿府城」城下には、既に家康公認の遊郭があり、床司甚内によりその遊郭の一部を江戸に移したのが吉原遊郭の始まりとも。また一説では、葦の生い茂る湿地帯を開拓して築かれて、葦が「悪し」といのを忌み嫌われ、「吉」としたとする。
どっちにしても、幕府としてもそのような場所が必要と判断されたのではないか。当時江戸は開発途中で、各地方より職人などが集まり、女性より男性の割合が圧倒的に多かった。また参勤交代により大名も「単身赴任者」が多かった事。さらに犯罪防止の目的もあったか。

これらから幕府公認で設営された吉原遊郭だが、1657年の「明暦の大火」で焼失してしまう。その頃には江戸も予想以上の発展で、創設当初は足も生える僻地であった、日本橋付近も市街化が著しく、大火からの復興の折、そのような場所はもう少し市街から遠避ける事となり、江戸復興の名の元、移転を命じられた。移転先は浅草の向こうの日本堤の田圃になり、整備され移転「新吉原」と呼ばれた。

その後、江戸、明治となり時代とともに、又大火や震災・戦災により変革してきたが、その時に応じ場所・地形など大きな違いはなく、現代でも日本一の風俗街・歓楽街として生き続けている。

今では日本全国、否世界各国から人(性別は限定されるが)が集まり、いわゆる観光地と言って過言ではないと思う。

レビュー (0)