横浜赤レンガ倉庫

神奈川県の観光情報


横浜赤レンガ倉庫4.1

LINEで送る
このスポットに行くGoogle Transit
お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

横浜の名所と言えば、「赤レンガ倉庫」。
横浜港にある趣深い歴史的建造物であり、デートスポットとしてはおなじみの場所です。
オススメの時間帯はやはり夜!赤レンガのライトアップをはじめとし、海沿いのスペースから見る海夜景は実に素晴らしく、横浜のみなとを象徴する色彩と風情を満喫できます。

1号館は横浜文化の創造・発信基地。コンサートやギャラリー鑑賞を楽しめるほか、1階には横浜の老舗店が立ち並びます。
2号館は様々なジャンルのショップやレストランが揃っており、テラス席のあるレストランでは横浜の夜景を楽しみながら美味しいビールが飲めるのが嬉しい!
更に、広場ではクリスマスには巨大ツリー、ウィンターシーズンにはスケートリンクなど、季節に合わせて様々なイベントが開催されるのでお見逃しなく!


目的Let's go for a drink,カップル向け,シニア向け,ファッション,女性好み,家族向け,観光名所
最寄りの空港/駅馬車道駅 (約0.7km) Google Transit

口コミ

5.03 か月前

初めての訪問ですが、元々、有名な場所です。
東北、岩手県の出身なもので、行った事が無い所だらけです。😅
30年くらい、関東に住んで居るのに(笑)
今は、コロナの影響で空いています。
でも、家族連れが、ハイキングしていたり、釣りをしていたり、開放的な空間でした。
私が行った時には、主に、サバが釣れていました。🤗

私は、1600円で乗れる、近場のクルーズ船を楽しみました。
近場の、有名な橋の下を回遊するコースです。😊
山下公園が、終着駅で、山下公園を散策してから、横浜レンガ倉庫行きの、船に乗りました。
その、帰りのチケットも、込みに成っています。

両方の公園を楽しめるし、クルーズも楽しめる。
この船は、お勧めです!👍

その日は、海側から観える、山下公園の向って右側に有る、ガンダムや、その日に行われると思われる、EXILEのコンサート会場らしき、セットが観れました。

山下公園からだと、横浜中華街も、すぐ近くですので、そちらに足を伸ばすのも良いかと思います。🍥🍜🍤🍻 🤓

3.0過去 1 週間以内

久しぶりの友人と楽しんで来ました。🎄Xmasの
雰囲気がとてもリアルで
絵に書いたように爽やかな風が吹く港町です。
風🍃に誘われて私のマフラーが飛んでいきましたが
帰りに赤レンガを出る時
コロナ消毒液が置いて有る
台の上にマフラーは有りました。不幸中の幸いです。
なんと私の友人が気付き
私も最後に出る一瞬に
消毒液棚に目を遣りましたと同時に友人が見つけて
くれました。奇跡の後で
余韻の残る思い出深い場所と成りました。拾って頂けた方有難う御座いました。
感謝(*˘︶˘*).。.:*♡
そして友人にも感謝(*˘︶˘*).。.:*♡する素敵な🎄Xmas前夜に成りました。
ホントに良かったです。
友人からは赤レンガの
お土産を頂けました。
私の好きなレモン味のお菓子です。嬉しいです。
有難う御座いました。
素敵な一日でキリスト誕生にも出会う事が出来たようなXmas🎄前夜でした。

5.02 週間前

もう何回行ったかわからないくらいド定番です。

赤レンガ倉庫(新港埠頭保税倉庫)は、明治時代の終わりから、大正時代の初めにかけて建設された。

当時の横浜港は、1859年(安政6年)の開港から半世紀を経て、近代的な港湾の整備が横浜市にとって急務となっていた。1889年(明治22年)には第1期築港工事が始められ、大桟橋、東西防波堤などの整備が進められた。これに続く1899年(明治32年)には、横浜税関拡張工事の名目で大蔵省が主導して、第2期築港工事が始められた。

第2期築港工事は、前期と後期に分かれる。前期工事は、税関前の海面を埋め立てて、係船岸壁を有する埠頭の建設を主に進めた。係船岸壁とは船が直接接岸できる岸壁で、その建設は日本初の試みであった。1905年(明治38年)には埋立が完了したが、同年より引き続いて始められた後期工事は埠頭の拡張と陸上設備(上屋、倉庫、鉄道、道路)の整備を目指した。赤レンガ倉庫は後期工事の中で、国営保税倉庫として建設された。後期工事には、日清戦争後に急伸し東洋最大の港となっていた神戸港や大阪港に対抗するため、横浜市も約270万円の費用を負担して、築港の完成を急いだ。これは横浜市が国に働きかけて実現させた事業であり、国と地方の共同事業の嚆矢となった。

赤レンガ倉庫の設計は、妻木頼黄・部長率いる大蔵省臨時建築部によって行われた。妻木頼黄は、馬車道にある横浜正金銀行本店(現、神奈川県立歴史博物館)の設計もした、明治建築界三巨頭の一人である。2号倉庫が1911年(明治44年)、1号倉庫が1913年(大正2年)に竣工した。第2期築港工事は1914年(大正3年)までに完成し、ここに税関埠頭、現在の新港埠頭が生まれた。

全長約150メートル、背面に鉄骨造ベランダを持ち、日本初の業務用エレベーターや避雷針、消火栓を備える赤レンガ倉庫は、国営保税倉庫建築の模範となるとともに、組積造技術の最高段階を示す建築とされる。2号倉庫はレンガとレンガの間に鉄を入れる補強が施されていたことで、1923年(大正12年)に発生した関東大震災でも、被害は1号倉庫の約30%損壊にとどまった。なお、当時のエレベーターは現在も1号館横に展示されており、重要科学技術史資料登録台帳に第00027号として登録されている。

4.02 週間前

知り合いの会社が、出店してて行って来ました。
機内食の会社で、普段は、グローバルな、料理を、だしています。今回の出店では、クリスマスむきな料理を出していました。
ノンアルコールのホットワインが、病みつきな味で、お勧めです。
肉料理二種類いただきました。どちらもとても美味しかったです。
リピートして食べたくなり、開催中にもう一度行こうと思っています。お勧めです。

5.01 週間前

みなとみらいの駅から少し歩きますが雰囲気がとてもよく、基本的にあまり人も多くないのがとても良いです。個性的なお店が多く個人的にあまり買うものがありませんが、それでも好きでよく行きます。美味しいレストランもあるのでおすすめです。

I walk a little from Minatomirai station, but the atmosphere is very good, and basically it is very good that there are not many people. There are many unique shops and I don't have much to buy personally, but I still like it and go there often. There is also a delicious restaurant, so I recommend it.

レビュー (1)

X0




You can get here by train or taxi.
But, my recommend is to approach from sea! You can get on board "Sea Bus" from Bay Quater Yokohama or Minato-Mirai. This short ship trip is very comfortable and you can find another "face" of this bay town.

訪問時期2017年 6月

続き閉じる

すべてのレビュー