三十三間堂

京都府の観光情報


三十三間堂4.4

LINEで送る
このスポットに行くGoogle Transit
お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

京都東部にある三十三間堂は、11の顔と無数の腕をもった像が1001体並んでいることで有名だ。この像は木造建築としては日本最長の120mの本堂に収められ、正面の柱の間隔が33あるため「三十三間堂」の名前が付けられた。お堂の中央には高さ3mの千手観音の坐像があり、両側に500体ずつの立像が並んでいる。

お寺が最初に建てられたのは1164年で、当時は124体の像が収められていた。鎌倉時代((1185-1333)に残る876体が追加されたが、数多くの彫刻家が動員され、当時の大巨匠の作品もある。1000体の立像のそれぞれが個性的な表情と衣装を身につけており、きっとあなたにそっくりな観音さまもどこかに見つかることだろう。

目的アクセス良好,シュール&クール,パワースポット,一生の記憶に残る,日本についての知識プロ向け,日本のリゾート,神社・寺,私は芸術が好きだ
最寄りの空港/駅大阪国際空港(伊丹空港) (約37.3km) Google Transit

口コミ

4.01 か月前

美しい仏像達が待ってます
三十三間ある長屋でありながら長屋に思えない圧倒的なスケールの建物。
中に鎮座しているのは、ひとつひとつがいぶし銀の黒光りする美しい観音様で、数えきれないくらい何段にも並んでいて見る者を圧倒します。
よくここまで為政者の庇護のもと蓄財しながら作ったものだと思います。執念とあまり豊かでない往時の日本人の心意気のようなものを嫌でも感じさせられます。
何体か御披露目展示のためにお出掛けになっておられました。
清水寺の舞台を見学したら、ここも是非お寄りください。
日本の美しい観音様達が待っております。

4.01 か月前

千一体の千手観音像は圧巻ですねぇ。風神、雷神像も迫力ある姿で息を飲みます。
それにしても三十三間(120m)堂の軒下での通し矢は、さして大きな放物線も描けないなか、改めて凄いことだと感心させられます。昔は通し矢を出きる人が実際にいたようですが、現代に存在するのでしょうか?

4.0過去 1 週間以内

凄い!中学の時の修学旅行で来たけれど
子供の時に来るのと、大人になってから見るのとでは全然違いました。

お釈迦様などの写真はいっさい禁止だったので、外観をどうぞ。

障害者用の駐車場もあります。
駐輪場もあります。

中では飲食ができないので、飲み物も売っていませんが、駐車場に自販機が何台かあります。

その内1台はICカードも使えましたよ。

ちなみに
1度入ってからでも、飲み物を買いたいから出ても良いですか?と声をかけてから出ると再入場できます。

4.0過去 1 週間以内

千手観音坐像は湛慶作。とても良いお顔をしています。
小さい千手観音は千体もあって圧巻ですね。湛慶と運慶作のものが並んでいたのもありました。
入口のトイレなど前に来たより綺麗になった気がしました。

5.01 か月前

三十三間堂は、とても圧巻。
1001体の仏像がご鎮座されています。
とても親戚なことに、中を拝観するのに、無料でベビーカーを貸していただきました。
これは、本当に助かりました。
車椅子もあったので貸し出ししてくれると思います。
ただ中は国宝が並んでいる建物の中をベビーカーが通るのでぶつけたりしないように気を付けました。
あと、スピリチュアル的には、間違いなく感じますね。
何がどうかはまでは、わからないのですが、体験したことを書けば、初めの風神様の仏像を見た辺りから前に進むのがやっと、歩くのが大変で、苦しくて、真ん中の大きな仏像の前まで来て、まるで、浮いてる?ような感覚、1度だけ誰かが私の腕を撫でてくれました。
何かを体から取られ感じでした。それから楽に歩けましたよ!
スピリチュアルなんだろうなぁ。

レビュー (0)