三十三間堂

京都府の観光情報


三十三間堂4.4

LINEで送る
このスポットに行くGoogle Transit
お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

京都東部にある三十三間堂は、11の顔と無数の腕をもった像が1001体並んでいることで有名だ。この像は木造建築としては日本最長の120mの本堂に収められ、正面の柱の間隔が33あるため「三十三間堂」の名前が付けられた。お堂の中央には高さ3mの千手観音の坐像があり、両側に500体ずつの立像が並んでいる。

お寺が最初に建てられたのは1164年で、当時は124体の像が収められていた。鎌倉時代((1185-1333)に残る876体が追加されたが、数多くの彫刻家が動員され、当時の大巨匠の作品もある。1000体の立像のそれぞれが個性的な表情と衣装を身につけており、きっとあなたにそっくりな観音さまもどこかに見つかることだろう。

目的アクセス良好,シュール&クール,パワースポット,一生の記憶に残る,日本についての知識プロ向け,日本のリゾート,神社・寺,私は芸術が好きだ
最寄りの空港/駅大阪国際空港(伊丹空港) (約37.3km) Google Transit

口コミ

5.03 か月前

本堂の中に多くの千手観音様が整然と並んでいて圧巻。平安時代に後白河上皇が創建。当時法住寺の一部で大きな境内だったそうです。今の壁や天井は黒ずんでますが、創建当時は極楽浄土を描いた極彩色の華やか内部だったらしいです。有名な通し矢は江戸時代に盛んで、一昼夜で1万本射る名手もいたそうです。
本堂の周りを散策する道が整備されてて、平らな石畳なので車椅子でも行けます。

5.01 か月前

立ち並ぶ千手観音の像に圧倒されます。
目の前にすぐに国宝や重要文化財が有ります。
京都に来たら是非とも訪れて欲しい所です。
千手観音像だけでなく法然上人の石碑や秀吉寄進の壁も有り歴史を感じます。
現在お庭が整備中ですが桜がキレイでした。
文句なしの5つ星の場所です。

5.02 か月前

53年振りの参拝です。当時より参拝順路が変わったように感じますが、1,000体の千手観音立像は圧巻でした。一体一体の表情が異なっており、それぞれが何を教えているのか興味が惹かれます。慈眼を持って温かく見守って頂ける観音様です。
又、宮本武蔵と吉岡伝八郎の決闘が頭に蘇ります。

5.02 か月前

2016年6月
 本日、夫の希望で三十三間堂へ。
正式には蓮華王院といい、後白河上皇に清盛が造進したとの事。長いお堂は和様の入母屋・本瓦葺きの「総檜造り」で約120メートル。正面の柱間が33あることから「三十三間堂」と通称され、・・・・。との解説です。お正月の通し矢の競技で有名な所で、国立博物館のお隣です。中には、帝釈天や阿修羅像があり、「百億の昼と千億の夜」と繋がり、孔雀王の像もあり、「孔雀王(漫画です)」と繋がり、風神雷神像もあり、琳派と繋がり。
 何より私の興味を一番惹いたのは、解説文の中に、平家物語の「大原御幸」の一文があった事です。前々回の「能本を読む会」のテキストが、この平家物語の「大原御幸」を下敷きにした謡で、その名もずばり、「大原御幸」でした。
 うわ~~~~! 無茶、繋がった~!と一人で感激し、感激そのまま、夫にその謡の「大原御幸」の事を話すと、「〇〇ちゃん、そんなコアな話題、俺興味ないし。」と、一蹴されました。
 けっ。
訪れていた観光客の皆様、建物の中だけの見学で、お庭とか、外観のその瓦葺きの美しさとか、弓道の通し矢をする所とか、京都の街中にあるのに、静かで良かったとか(※現在工事中で、少し騒音がありましたが。)大きな木々もあっていいとか。その他の所を余り見ていらっしゃらないのが、疑問に思いました。
 良かったです。三十三間堂。

5.02 か月前

日本版兵馬俑です。
見る前にはすごーく期待させるのですが、見てしまうと何故か印象が薄い。
おそらく群像だからだと思います。
ある意味並んでいる全体を一つの塊として感じたほうがいいのかもしれません。
とはいえ、勿体ない位一つ一つは完成度が高いです。
いっそこの倍の規模ならば、群れにして見せる意味がでたのかも。或いは、奥行きをもう少し深くしたらまた違ったのかな?

群れにしたために、個が消えてしまい、群れの規模が小さいためにかえって印象が薄くなった感じです。
京都の史跡の中では、一番期待はずれでした。
インスタ映えしすぎなのかな?期待しないで見ればいいのかもしれません。

レビュー (0)