三十三間堂

京都府の観光情報


三十三間堂4.4

LINEで送る
このスポットに行くGoogle Transit
お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

京都東部にある三十三間堂は、11の顔と無数の腕をもった像が1001体並んでいることで有名だ。この像は木造建築としては日本最長の120mの本堂に収められ、正面の柱の間隔が33あるため「三十三間堂」の名前が付けられた。お堂の中央には高さ3mの千手観音の坐像があり、両側に500体ずつの立像が並んでいる。

お寺が最初に建てられたのは1164年で、当時は124体の像が収められていた。鎌倉時代((1185-1333)に残る876体が追加されたが、数多くの彫刻家が動員され、当時の大巨匠の作品もある。1000体の立像のそれぞれが個性的な表情と衣装を身につけており、きっとあなたにそっくりな観音さまもどこかに見つかることだろう。

目的アクセス良好,シュール&クール,パワースポット,一生の記憶に残る,日本についての知識プロ向け,日本のリゾート,神社・寺,私は芸術が好きだ
最寄りの空港/駅大阪国際空港(伊丹空港) (約37.3km) Google Transit

口コミ

5.01 か月前

入館料大人600。国宝になるのは当たり前。建物の建築も美しい。四度の大修理があったものの八百年近く形を保っているなんてスゴイ!耐震機能も考えられ先人たちの凄さにも感動。本堂に入ると、もう圧巻としか言いようが無い。美しく千体観音立像はひとつひとつ表情が違う風神雷神像も国宝。また多くの像の迫力もある。しかし、なんと言っても中央には国宝の大きな千手観音座像が優しい眼差しで居られ感動。鎌倉中期を代表する造仏師が、この中尊を作った時すでに82才だったらしい。ひとつひとつの仏像に、きっと色んな物語が有るのだと思う。御朱印も本堂中央付近で頂けます。何度行っても飽きない素晴らしい日本の誇れる場所だと思います。

5.01 週間前

約10年ぶり2度目の訪問となりますが、前回よりも人が少なく、妻と一緒にゆっくり拝観できました。圧倒的な千手観音様と周りに安置されている風神雷神・二十八部衆の厳かで凛とした佇まいに心が洗われた気分です。次回はマスク無しで来観出来る事を祈念しています。

5.02 か月前

三十三間堂はとても圧巻。
1001体の仏像がご鎮座されています。

とても親切なことに中を拝観するのに無料でベビーカーを貸していただきました。
これは本当に助かりました。
車椅子もあったので貸し出ししてくれると思います。

ただ中は国宝が並んでいる建物の中をベビーカーが通るのでぶつけたりしないように気を付けました。
あとスピリチュアル的には間違いなく感じます。
何がどうかはまではわからないのですが、体験したことを書けば、
初めの風神様の仏像を見た辺りから歩くのが難しく前に進むのがやっとなほどでした。
苦しくて真ん中の大きな仏像の前まで来たとき、まるで浮いてる?ような感覚、そして1度だけ誰かが私の腕を撫でてくれました。
すると何かを体から取られ感じでした。
それからは楽に歩けましたよ!
スピリチュアルなんだろうなぁ。

3.03 週間前

江戸時代の絵図(1808年「花洛一覧図」)を見ると、三十三間堂は大仏殿の脇の小さな小さな小屋のようだ。敷地も大仏殿(方広寺、現在の豊国神社)の中にある(これは三十三間堂の公式ページの歴史にある通り)。実際に大仏殿の脇の小さな小さな小屋のような大きさだったかは不明だが、おそくら人々の意識としてはそう見えたのだろう。実のところ1808年は、大仏殿は既に焼失したあとだ。既にない風景を前に、あるべき風景として描かれた可能性すらある。

5.02 か月前

とてつもなく素晴らしかったです!!
並んでおられる千手観音菩薩立像様は後ろの方々は前に来たくないのかな?とふと思いました。そして、わたしは最近夜勤明けなどに偏頭痛がよく起こり困っていました。こちらに、頭痛封じ守りと言うコロンとしたカワイイお守りがあり、購入しましたがそれから何度か夜勤をこなしていますが頭痛が起こっていません!!
また、次回お礼に行こうと思います。

レビュー (0)