三十三間堂

京都府の観光情報


三十三間堂4.4

LINEで送る
このスポットに行くGoogle Transit
お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

京都東部にある三十三間堂は、11の顔と無数の腕をもった像が1001体並んでいることで有名だ。この像は木造建築としては日本最長の120mの本堂に収められ、正面の柱の間隔が33あるため「三十三間堂」の名前が付けられた。お堂の中央には高さ3mの千手観音の坐像があり、両側に500体ずつの立像が並んでいる。

お寺が最初に建てられたのは1164年で、当時は124体の像が収められていた。鎌倉時代((1185-1333)に残る876体が追加されたが、数多くの彫刻家が動員され、当時の大巨匠の作品もある。1000体の立像のそれぞれが個性的な表情と衣装を身につけており、きっとあなたにそっくりな観音さまもどこかに見つかることだろう。

目的アクセス良好,シュール&クール,パワースポット,一生の記憶に残る,日本についての知識プロ向け,日本のリゾート,神社・寺,私は芸術が好きだ
最寄りの空港/駅大阪国際空港(伊丹空港) (約37.3km) Google Transit

口コミ

5.01 週間前

もう何度来たか覚えていないほど来てますが、何度来ても飽きない三十三間堂です。
1001体の千手観音像の圧倒的なスケール、
風神・雷神像、
観音二十八部衆の肉感的な彫像はヨーロッパの
彫刻、石像にも比肩する素晴らしいものですね。
1年ぶりに来ましたが、風神・雷神像(従来と逆の
位置)、二十八部衆の配置や表記が変わっており、
13体が改名されましたね。
1934年以来、84年ぶりに平安末期の後白河上皇が創建した当時の状態に戻したそうですね。

駐車場は無料ですが40分と限定(連休だからか?)
されており、ゆっくり拝観したい方は車では来ない方が良いかと思います。

5.01 か月前

京都冬の特別公開の旅 31.3.17
三十三間堂 蓮華王院

学生の頃の修学旅行以来の再訪です(^^)
今までは敢えて、清水寺や金閣寺 銀閣寺 ここ三十三間堂などのメジャースポットは外して観光していました(^_^;)
人混みが凄いんでね‼️笑
しかし、滞在3日目に2時間ぐらい余裕があったので京都駅から直ぐの三十三間堂に来ました♩
この三十三間堂は、天台宗妙法院の境外仏堂なんですね❗️知りませんでした(^^)
国宝 重要文化財の宝庫です♩
中でも凄かったのは、木造千手観音坐像です❗️
威風堂々した姿には圧倒されました(^^)

3.04 週間前

和弓の聖地としても 有名な 御堂 である。
長手方向は 33間ということだが、柱の間の数ということであり、長さでは無いらしい。実際 柱の間は 一定では無い。
ただ、33間相当の長さ 120m というか
… 洒落がきいている。
中は 千手観音像 などが 置かれていて、
壮観である。
なぜ あんなにある意味がわからない。
曼荼羅の様に 色々な仏が 決められた配置であるのなら、まだ 理解できそうな気がするんだけど。

二十八部衆の配置は、
昔と大きく異なり とても 見え易い位置に居られる。
これも 宗教的意味合いより 展示や観光的な意味合いが大きいのかもしれない。

4.02 週間前

正式には蓮華王院本堂
蓮華王院は千手観音の別称「蓮華王」より由来しています。

元々こちらには後白河上皇が離宮として建てた法住寺殿がありました。
その一画に建てられたのが蓮華王院本堂です。
上皇が平清盛に建立の資材協力命じて完成させ、当時は五重塔なども建つ本格的な寺院でしたが、建長元年(1249)火災で焼失。
文永3年(1266)本堂のみ再建。
お堂の長さ120m

見学の際には中へ入り、靴を脱ぎそのまま中へ。
道なり一方通行です。
本尊の千手観音中心に右に500、左に500合わせて1001体の観音様。
そして風神雷神像はじめとした28部衆立像があります。

本堂見終わったらぐるっと本堂の周り見られますので時間があれば見てみてください。
太閤塀や通し矢のところもみられますよ。

5.01 週間前

蓮華王院が正式名称で通称の三十三間堂は母屋正面の柱間数が33有るのに由来し、創建は、長寛二年(1164)に後白河上皇の勅願で始まり、僅か15年の短期間で内部は南北約百二十メートルに及ぶ伽藍内に中央に湛慶、康円らの手による千手観音坐像(国宝)配置し、左右対称に等身大の木造千手観音立像も慶派により500体づつ立ち並ぶ、前面を守るように、二十八部衆立像、風神・雷神像(慶派の作)(修復後も全てが揃って再度国宝指定される)、裏側にもう一体千手観音立像が、また左側に小さな千手観音像を配置する。実質的に1002体の千手観音立像と思います。
現在の本堂(国宝)は大火にみまわれ文永三年(1266)の再建であり鎌倉時代の重厚な和様の代表的遺構を遺します。室町時代に兵庫県加東市の朝光寺に蓮華王院の一体の千手観音立像が理由は分かりませんが移された事が記録に残り現在も安置し祀られている模様です。
豊臣秀吉が方広寺を創建した天正十四年(1586)では、支配下となって千手堂としたが、秀吉没後には方広寺とともに天台宗の妙法院の支配下に置かれてます。
桃山時代の建築で南大門、築地塀(太閤塀)も今も当時のまま現存してます。
洛陽三十三所観音霊場第十七番札所となります。
毎年一月十五日に近い日曜日に行われる『柳枝のお加持』は『楊枝浄水供』と正式に呼ばれ、浄水に柳の枝を浸してその水を信者の頭上に振りかける秘儀で頭痛に効くと伝う。
また、同日に本堂西側軒下で通し矢と言う弓の引き始めも行われ新春の風物詩として弓道の腕試しの場、現在は『三十三間堂大的全国大会』と言う名前でスポーツ行事となっています。府弓道連盟と妙法院が主催となり、袴姿の新成人男女、教士、範士の称号者が弓の腕前を競いあいます。
この日は本堂を無料解放しますので大変多くの参拝客観光観戦客が来られ混みあいます。

平成の大再編が行われまして風神、雷神像が交代して入れ替わり左端に風神を右端に雷神を安置し雲の尾が中尊に向く事で違和感が無くなり、大弁功徳天と婆籔仙を中尊付近に安置するなど、江戸修復時の足元の文字を解析した本来の配置に近い現初的な全体配置に変わりました。黙然端座の会があり実際に再編のご説明を聴く事が出来ます。

交通アクセスは市バス三十三間堂前バス停すぐ。京阪電車七条駅下車東へ徒歩5分。周辺は絶好の観光スポット集積地ですので1日使ってゆっくり散策をお奨めします。

レビュー (0)