三十三間堂

京都府の観光情報


三十三間堂4.4

LINEで送る
このスポットに行くGoogle Transit
お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

京都東部にある三十三間堂は、11の顔と無数の腕をもった像が1001体並んでいることで有名だ。この像は木造建築としては日本最長の120mの本堂に収められ、正面の柱の間隔が33あるため「三十三間堂」の名前が付けられた。お堂の中央には高さ3mの千手観音の坐像があり、両側に500体ずつの立像が並んでいる。

お寺が最初に建てられたのは1164年で、当時は124体の像が収められていた。鎌倉時代((1185-1333)に残る876体が追加されたが、数多くの彫刻家が動員され、当時の大巨匠の作品もある。1000体の立像のそれぞれが個性的な表情と衣装を身につけており、きっとあなたにそっくりな観音さまもどこかに見つかることだろう。

目的アクセス良好,シュール&クール,パワースポット,一生の記憶に残る,日本についての知識プロ向け,日本のリゾート,神社・寺,私は芸術が好きだ
最寄りの空港/駅大阪国際空港(伊丹空港) (約37.3km) Google Transit

口コミ

4.01 週間前

何しろ無数の手が願いを叶えてくれるところなので、空いている時にじっくりお願いするのが良い。解説を全て読めば満足度300%。混んでいてもマイペースで楽しむことも出来ます。見るところではなく救いを求めに行きましょうね。

5.03 週間前

正式名称は蓮華王院本堂、後白河法皇の持仏堂として建てられたが当初の建物は鎌倉中期に火災で消失、ほどなく再建されたのが現在のお堂
京都中心部付近では応仁の乱以前の建造物はほとんど残っていないが、ここは数少ない乱以前の現存建造物しかも鎌倉期
本堂は柱間が三十三あることからこの名が付きましたが、実際は周囲に一間づつ庇を巡らしてあるので外見上は三十五間あります
内部は絢爛で中央に本尊千手観音坐像、左右と背後に千手観音立像が500+500+1で1001体、前面に完存した二十八部衆、左右に宗達の絵画のモデルといわれる風神雷神像を配置した鎌倉慶派の豪華な国宝仏の揃い踏み
2018年秋季には通常は東博京博奈良博に寄託されている千手観音立像(五躯)が国宝指定を記念してお堂に里帰り、26年振りに千一体揃い踏みしました

5.01 か月前

三十三間堂には、本尊の千手観音坐像、風神・雷神像、二十八部衆立像、そして新たに国宝に指定された千一体の千手観音立像を合わせて1,032体の国宝の仏像があります。三十三間堂が再建されたのは鎌倉時代の中期ですが、驚くべきことにこれ以後に新造された国宝の仏像はありません(奈良の大仏の頭部は江戸時代に再造されていますが)。つまりこの比類なき荘厳な空間は、わが国の仏像史上最多の輝きであると同時に最後の輝きを放っているということもできます。一体だけでも貴重な国宝の仏像が隙間もなく1,032体並んでいる前を100メートル歩くという体験は絶対にここでしかできません。
これほど素晴らしい三十三間堂の前を素通りして清水寺などへ行かれる方が多いのも京都らしいと言えますが、三十三間堂は天候や季節に左右されませんので、一生のうちには是非とも一度はお越し頂きたいと思います。

4.01 週間前

学生時代に修学旅行で訪れたことがあったのですが、エントランスが新しく増設されていてびっくりしました。
バリアフリーにも対応しています。

中学生のときはわかりませんでしたが、1000体の千手観音像が並ぶ空間は圧巻です。

5.03 週間前

トイレの穴場中の穴場。三十三間堂!
ものすごくキレイな観光トイレがあります。
三十三間堂の駐車場にはものすごくキレイな観光トイレがあります。
もちろん三十三間堂には、入らなくても利用できます。
出来たばかりなのかヒノキの香りがします。
トイレにお困りなら是非三十三間堂のトイレをどうぞ!
めっちゃ!空いてます。

レビュー (0)