知恩院

京都府の観光情報


知恩院4.2

LINEで送る
このスポットに行くGoogle Transit
お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

東山地区にあるこの壮大なお寺は、京都でもっとも巡礼者の多い場所だ。知恩院は1234年に、浄土宗派を開いた法然(ほうねん)が亡くなった場所に建てられた。17世紀に、浄土宗を信奉する徳川幕府の1~3代の将軍が、この寺の敷地と建物を大規模に拡大造築し、今日のような巨大な寺院となった。

最初にこの寺を訪れると、入口にある巨大な三門(さんもん)に圧倒されるはずだ。高さが24m、幅が50mもあり、日本最大の木造の門となっている。本堂もとても大きく、開祖の法然の像が祀られている。また、境内の主要な建物を結んでいる石の通路や階段もゆったりとした空間をつくっている。本堂の裏側には、17世紀の僧侶が設計した日本式庭園が広がっている。

目的パワースポット
最寄りの空港/駅大阪国際空港(伊丹空港) (約39.2km) Google Transit

口コミ

5.01 か月前

駐車場は付近のコインパーキングが便利です。通常、無料で拝観出来ます。
お坊さんに会いに行こう知恩院秋のライトアップ2019に大人800円で拝観しました。
宝佛殿にて、他力本願おかげさまの心を聴き、木魚を叩き、南無阿弥陀仏を唱えました。他力とは、阿弥陀仏のお力のことと分かりやすく教えて頂きました。
また、コソの付けどころと言うお話。自分がいるからコソ、ではなく、あなたがいるからコソ、と考えることコソが、大切と教えて頂いた。なかなかお坊さんのお話を聴く機会がないのですが、飽きさせず楽しく法話を聴く機会があり、満足出来ました。
ライトアップ中1日五回、20~30分でお聴きすることが出来ます。
知恩院七不思議の一つ白木の棺缶バッジが頂けました。
また、小堀遠州の池泉式庭園の方丈庭園は、9年ぶりの夜間特別公開されており、昼間とは、違った趣きを見せてくれます。
友禅苑、三門、御朱所、宝仏殿、御影堂も、ライトアップされていました。
暗く、寒いので、はきなれた靴と上着は必要でした。

5.04 週間前

朝のお勤めは12月からは冬時間。予約なしで誰でも見学できます。無料です。6時30分阿弥陀堂から。11月、12月はお坊さんの研修で集会堂には100人くらい並んで壮観です。お経もオーケストラ並みに迫力があります。

5.0過去 1 週間以内

正面、三門は圧巻壮観一瞬時間が止まります。命懸けで建てられた人達を思うと手を合わせ感謝せずにはいられませんでした。本堂までの階段は重厚で美しくかなりの斜度で登りがいがありました。
残念ながら御影堂は修復工事中🚧

3.0過去 1 週間以内

行くとし来る年の中継場。
大晦日並ぼうとしたが、入れず外観から除夜の鐘を聞きました。

・通常ー22:00頃までなら入場可能
・今回ー入場不可
恐らく海外からの観光客が急増しているためかと思われます。

4.01 週間前

浄土宗の本山。基本、無料で参拝が出来る。阿弥陀堂など比較的近くに仏様を感じることができる。方丈庭園や友禅苑は有料。集会堂で拝んだ後、狩野派の襖や将軍家が在京時に住まわれた大方丈と庭園など見所があります。

レビュー (0)