知恩院

京都府の観光情報


知恩院4.2

LINEで送る
このスポットに行くGoogle Transit
お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

東山地区にあるこの壮大なお寺は、京都でもっとも巡礼者の多い場所だ。知恩院は1234年に、浄土宗派を開いた法然(ほうねん)が亡くなった場所に建てられた。17世紀に、浄土宗を信奉する徳川幕府の1~3代の将軍が、この寺の敷地と建物を大規模に拡大造築し、今日のような巨大な寺院となった。

最初にこの寺を訪れると、入口にある巨大な三門(さんもん)に圧倒されるはずだ。高さが24m、幅が50mもあり、日本最大の木造の門となっている。本堂もとても大きく、開祖の法然の像が祀られている。また、境内の主要な建物を結んでいる石の通路や階段もゆったりとした空間をつくっている。本堂の裏側には、17世紀の僧侶が設計した日本式庭園が広がっている。

目的パワースポット
最寄りの空港/駅大阪国際空港(伊丹空港) (約39.2km) Google Transit

口コミ

5.0過去 1 週間以内

知恩院(ちおんいん)は、京都府京都市東山区にある浄土宗総本山の寺院。山号は華頂山(かちょうざん)。詳名は華頂山知恩教院大谷寺(かちょうざん ちおんきょういん おおたにでら)。本尊は法然上人像(本堂)および阿弥陀如来(阿弥陀堂)、開基(創立者)は法然である。

浄土宗の宗祖・法然が後半生を過ごし、没したゆかりの地に建てられた寺院で、現在のような大規模な伽藍が建立されたのは、江戸時代以降である。徳川将軍家から庶民まで広く信仰を集め、今も京都の人々からは親しみを込めて「ちよいんさん」「ちおいんさん」と呼ばれている。

なお他流で門跡に当たる当主住職を、知恩院では浄土門主(もんす)と呼ぶ。

大永3年(1523年)、知恩院25世存牛と百万遍知恩寺25世慶秀との間で本寺争いとなったが知恩院が勝利し、鎮西義で第一の座次となり本山となった。

また、戦国時代には縁誉称念による専修念仏集団一心院流(捨世派)が成立して鎮西義から分派し、天文17年(1548年)に法然上人御廟の向かいに一心院を建立している。

さらに天正3年(1575年)には正親町天皇より浄土宗本寺としての承認を受け、諸国の浄土宗僧侶への香衣付与・剥奪の権限を与えられた(「毀破綸旨」)。

現存の三門、本堂(御影堂)をはじめとする壮大な伽藍が建設されるのは江戸時代に入ってからのことである。浄土宗徒であった徳川家康は慶長13年(1608年)から知恩院の寺地を拡大し、諸堂の造営を行った。造営は江戸幕府2代将軍徳川秀忠に引き継がれ、現存の三門は元和7年(1621年)に建設された。寛永10年(1633年)の火災で、三門、経蔵、勢至堂を残しほぼ全焼するが、3代将軍徳川家光のもとでただちに再建が進められ、寛永18年(1641年)までにほぼ完成している。

徳川家が知恩院の造営に力を入れたのは、徳川家が浄土宗徒であることや知恩院25世超誉存牛(ちょうよぞんぎゅう)が松平氏第5代松平長親の弟であること、二条城とともに京都における徳川家の拠点とすること、徳川家の威勢を誇示し、京都御所を見下ろし朝廷を牽制することといった、政治的な背景もあったと言われている。

江戸時代の代々の門主は皇族から任命されたが、さらにその皇子は徳川将軍家の猶子となった。

1947年(昭和22年)、法然上人御廟を中心とする「一宗一元運動」を提唱し、知恩院は自らを本山とする本派浄土宗(後に浄土宗本派に改称)を結成し、浄土宗から分派する。1950年(昭和25年)には法然上人御廟の向かいにある一心院が浄土宗捨世派を結成して浄土宗から分派した。しかし、1961年(昭和36年)の法然上人750年忌を機に、翌1962年(昭和37年)に知恩院と浄土宗本派は浄土宗に合流し、知恩院が再び浄土宗の総本山となった。

5.0過去 1 週間以内

京都、東山三十六峰のひとつ華頂山のふもとにあり広大な境内があります。その建築物の壮大さには誰もが驚きます。日本最大級の山門をくぐってからも見所一杯。特に知恩院の七不思議を前持って調べてから訪れると楽しみも増えるかも。御朱印は3種類あり特別公開時のみ頂ける限定御朱印もあります。参拝を終え坂を下ると祇園町。見所が一杯で1日かけてゆっくりと見て廻りたい場所です。

5.01 か月前

知恩院(ちおんいん)は、京都府京都市東山区にある浄土宗総本山の寺院です。
山号は華頂山(かちょうざん)
詳名は華頂山知恩教院大谷寺(かちょうざん ちおんきょういん おおたにでら)
ご本尊は、本堂は法然上人像、阿弥陀堂は阿弥陀如来で、創立者は法然です。

無料で拝観できます。
大晦日の除夜の鐘は毎年テレビで取り上げられるので有名ですが、お坊さんが縄に飛び乗って体当たりする光景はみものです。

知恩院の七不思議と言うのがあるのでそれを踏まえて拝観するとおもしろいと思います(*^-^*)

4.02 週間前

知恩院正門の大きさは、迫力があり何回か訪れてますがいつも圧倒します。
正門を抜け、階段を登ると広い境内が拝観出来ます。

八坂神社から丸山公園を抜けて来れますよ。

2019年11月1日から12月1日まで、ライトアップも始まります。
かなりの人がいらっしゃるので、早めに来て並ぶ事をお勧めします。

アップしてる御朱印は、10月22日の天皇御即位法要限定の御朱印になります。

5.02 か月前

2019年8月末に人生で4度目の来訪です。

子供の頃に家族旅行で訪れた際は、檀家なので座敷で和菓子と立てたお抹茶をいただいたことがあり、修学旅行で訪れた時は、鶯張りの泣き廊下を楽しく歩いた経験があり、懐かしい思い出のお寺です。

正面玄関から登山のように階段を登りましたが心拍数が上がりましたので、右側の緩やかな坂から上るべきでした。

2019年8月は本堂が工事中でお色直しでした。
祇園に来たら訪れるべきパワースポットの1つです。

レビュー (0)