大涌谷

神奈川県の観光情報


大涌谷4.4

LINEで送る
このスポットに行くGoogle Transit
お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

大涌谷は約3000年前の噴火で形成された噴火口跡で、現在も泥沼が沸騰し、蒸気の煙が立ちこめている。白い煙の柱は、遠方の富士山の風景とあいまってミステリアスな雰囲気だ。ロープウェイの駅から15分ほど歩くと、硫黄臭が強く、ぐつぐつとわき出す温泉水に近づける。ここでの名物は「黒いゆで卵」で、これを食べると寿命が7年延びるという触れ込みだ。

近隣の山頂にいたる登山トレイルがいくつかある。ロープウェイの駅は標高1044mで、天候は風が強く、ときに霧もかかることがあるため、ハイキングシューズ、暖かい衣類、雨具の準備が必要だ。ロープウェイの終着地である桃源台は、芦ノ湖のすぐそばにある。

目的グルメ,シニア向け,スリル満点,パワースポット,大自然,子供サイコ―,家族向け,山登り,温泉,観光
最寄りの空港/駅東京国際空港(羽田空港) (約77.3km) Google Transit

口コミ

4.03 週間前

20年ぶりに行ったらきれいに歩く道も舗装されてて観光地になってしまっていて、前はもっと自然を近くまで楽しめたのに遠くから眺めるだけになってしまっていた。時代とともに仕方のないことなんだろうけど少し残念でした。観光地としては景色も綺麗だしお土産も沢山売ってましたが、少し滞在してすぐ帰るところで長居できそうな所ではありません。車ではなくロープウェイで行くとより自然を楽しめます。

4.02 週間前

年末に家族で訪れましたが絶景に感動しました。名物の黒たまごも購入。1個で7年寿命がのびるんだとか。欲張って三個食べました‼️塩かけて美味しかったです。訪問者は外国人の方の姿も多かったですね。

5.0過去 1 週間以内

言わずもがな、箱根観光のハイライト。

一時立ち入り制限になるほど火山活動活発化したせいなのか、思い込みか、前よりもガスの噴出も地肌の硫黄の色もすごくなってるような…

嗅覚が敏感な娘はむせてしまったため、上の小屋まで行けませんでした。

でも、ロープウェイ駅隣のくろたまご館?で黒たまごを買ったら、まだ温かくて十分満足できました。

販売窓口の後方、建物の中にも立ってたまごを食べられる場所が設置してあるので、雨や強風時も食べるところには困らないと思います!

風の強い日は、「運休になる恐れがある」と、アナウンスやボードで告知があります。これを舐めてるとほんとに運休になるので要注意!!

アナウンスを聞いて慌てて乗りましたが、すぐ後に運休してしまいました。その後の早雲山のバス乗り場は長蛇の列でした。

風の強い日は事前に運休も想定していった方がよいと思います。

4.04 週間前

完全に観光地化されていて大きめのSAみたいな感じ。
簡易的な食事処はありますが正直まともにご飯食べられるところは無いです。
平日でも外国人観光客ですごくごった返していたので、土日だとめちゃくちゃ混雑すると思う。
晴れていると富士山が絶景で最高。
黒たまごは独特の温泉の風味がついていて美味しかったです。

5.03 週間前

吹き出る蒸気、黄色がかった斜面、
そして鼻をつく硫黄臭。
大地のパワーを肌で感じれます。
敷地内のジオパークに行くとこの周辺の
歴史、成り立ちが分かります。
100円とリーズナブル。
ちなみに、富士山が良く見える1月、2月は繁忙期なのか車で行くと駐車場まで30分ぐらい渋滞してました。

レビュー (3)

(匿名)

黒いゆで卵! 黒いゆで卵! 黒いゆで卵! それが大好きです!

黒いゆで卵!
黒いゆで卵!
黒いゆで卵!
それが大好きです!

boiled black eggs!
boiled black eggs!
boiled black eggs!
I love it!

訪問時期2012年 9月

続き閉じる

(匿名)

温泉卵が非常に良い。

温泉卵が非常に良い。

ONSEN egg very good.

続き閉じる
X9

大涌谷の元の名前は、火山の噴煙があちこちの地面から噴出する地獄のように見えた風景として地獄谷、地獄谷をだった。天皇、皇后両陛下は、19 世紀半ばにここを訪問する目的、地方自治体は場所名前の上の大きな引数を作ったし、大涌谷に天皇、皇后両陛下、...

大涌谷の元の名前は、火山の噴煙があちこちの地面から噴出する地獄のように見えた風景として地獄谷、地獄谷をだった。天皇、皇后両陛下は、19 世紀半ばにここを訪問する目的、地方自治体は場所名前の上の大きな引数を作ったし、大涌谷に天皇、皇后両陛下、地獄に、彼らを歓迎しないことができる明確な理由を変更することを決めた。地獄の谷を楽しみます。

The former name of Owakudani was Jigokudani, the Valley of Hell, as the scenery looked like the hell where volcanic fumes spurt out of the ground here and there. When the emperor and the empress desired to visit here in the middle of 19th century, the local authorities made the big arguments over the location name and decided to change it into Owakudani by clear reason that they could not welcome the emperor and the empress to the hell. Let us enjoy the valley of hell.

続き閉じる

すべてのレビュー