次大夫堀公園民家園

東京都の観光情報


次大夫堀公園民家園

LINEで送る
このスポットに行くGoogle Transit

次大夫堀は、江戸の初期、小泉次大夫の指導で開削された農業用水(六郷用水)の別名です。喜多見あたりでは、半ば埋められごみ捨て場のようになってしまいましたが、野川から取水して昔ながらのきれいな流れを復元しました。本物の水田をつくり、そこに江戸時代後期の古民家と土蔵、納屋、消防小屋などを移築復元したのがこの民家園です。昔の世田谷の農家の暮らしをまるごと復元しています。木挽きや蕎麦打ちなど体験を含むイベントもあります。

目的ここは行っとけ,体験,安いが一番,遊ぶ
最寄りの空港/駅東京国際空港(羽田空港) (約19km) Google Transit

口コミ

4.05 か月前

古民家が集まっていて入場無料、のんびりできる場所です。開園時間 9:30-16:30、月曜休園。
ラムネ、みかんサイダー、煎餅なども食べられます。
他の古民家と違うのは、お琴の演奏や機織り、野良着再現プロジェクトなど、家やモノをただ展示するだけでなく、実際に道具を使って昔の文化を再現したり保存したりする活動が活発なところですね。
普通の住宅地の真ん中にあり、決して広い敷地ではありませんが、普通の民家に老人が集まって語らっていたり、次大夫公園に隣接した空間として、地元の人の憩いの場になっているようです。

5.03 か月前

世田谷も明治までは農業が盛んな時代でした。その名残りを思わせる公園です。

5.04 か月前

江戸時代から明治辺りに建てられた茅葺屋根の家、囲炉裏など今ではなかなか見る機会がないことを体験できます。民家園教室では藍染めや鍛冶、餅つきも子供と一緒に体験することができます。

4.01 年前

世田谷区の片隅に150年前の村があります。
もちろん区が管理している公園なのですが、当時の暮らしぶりがうかがえる貴重な施設です。
網戸もなくすきま風はさぞかし寒かっただろうなんて当時に思いを馳せながら散歩するのはとても楽しく癒されます。
何でもある便利な世の中ですが子供に昔はこんなだったなんて教えるのも良いかもしれません。
それと鍛冶屋さんがあり本当の鍛冶屋さんが仕事していて土日は見学も出来ます。
11月には包丁などの作品も販売されるそうなので楽しみです。
良い社会勉強にもなります。

4.01 年前

茅葺き屋根の農民の家を移築しているようです。室内には複数の機織り機や広い土間などがあり資料の状態も良さそうです。
しかしあまり広い施設ではないので、すぐに見て回れてしまうでしょう。

レビュー (0)