スタール博士の碑

静岡県の観光情報


スタール博士の碑3.6

LINEで送る
このスポットに行くGoogle Transit
お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

シカゴ大学の名誉教授でアイヌ研究のため明治から昭和初期にかけて15回の来日を果たした人類学者フレデリック・スタールの記念碑。
日本をこよなく愛した博士は、富士山に強い憧れを持ち、たびたび富士登山をした。
一方で五ツ星紋の羽織、仙台平の袴に白足袋を履き、「寿多有」の納札を作って日本各地の神社・仏閣を行脚したことから「お札博士」とも言われた。
1933年に日本で亡くなったが、「富士山の見える所に眠りたい」という遺言通り、愛した須走の地に納骨され、友人達や宿の主人の尽力で墓碑が建てられた。
碑面の文字は徳富蘇峰の筆によるもので、博士の人望と交流の厚さを物語っている。


車:御殿場IC~国道138号を山梨方面へ25分程度、須走IC降後2分程度

最寄りの空港/駅御殿場駅 (約9.5km) Google Transit

口コミ

3.02 年前

自転車で行きました‼️パンクしました‼️

2.01 年前

石碑と説明板がポツンとあります

2.03 年前

分かりにくくて、駐車場も無い。道の駅から徒歩。

3.01 年前

普通の石碑

5.03 年前

お札博士として知られる、日本と須走にゆかりのあるスタール博士の石碑

レビュー (0)