住吉大社

大阪府の観光情報


住吉大社4.2

LINEで送る
このスポットに行くGoogle Transit
お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

大阪市南部にある住吉大社は3世紀に建てられた神道の神社。全国にある数千の住吉神社の中心と考えられており、旅行者・漁師・船乗りを守る神様が祀られています。この神社は古代には海のすぐ近くに立っており、この付近のほとんどの土地は長年の埋め立てでできたものです。

正月には日本でもっとも参拝者を多く集める神社の1つです。神社の建物は(大陸の影響を受けていない)日本のオリジナルのスタイルで、境内の神木は必見です。自然と建築美のみごとな融合といってよいでしょう。難波から電車で10分です。

目的シニア向け,シュール&クール,家族向け,日本についての知識プロ向け,神社・寺,私は芸術が好きだ,観光名所,超メジャー
最寄りの空港/駅大阪国際空港(伊丹空港) (約20.5km) Google Transit

口コミ

4.0過去 1 週間以内

大阪を代表する一の宮
有名な太鼓橋は美しく、
灯籠や狛犬は迫力があります。
お宮参りは予約も要らず
靴を脱ぐ事なく案内されるので
赤ちゃんを抱っこしたまま
スムーズにお参り出来ます。
一度に20家族位?は着席出来、
進行も時間を感じないので
あまり負担なくお参りが出来ます。
神さまからのプレゼントは
可愛いお食い初めセットでした。
神さま、ありがとうございます。

5.03 週間前

除災の為にお参り。
⚫参拝時間
4月~9月→6時~17時
10月~3月→6時30分~17時
※外周門の閉門は16時

⚫祈祷受付時間→毎日9時~16時
予約は受付けていない。

⚫駐車場有り→200円/1時間

⚫摂津国一之宮 住吉神社の総本社

⚫住吉大社の神様について
・【祓の神】
住吉大神は伊邪那岐命の禊祓 (みそぎはらえ) の際に海中より出現したとされており、神道でもっとも大事な「祓(はらえ)」を司る神。
・【航海安全の神】
海中より出現したとされているため、海の神としての信仰があり、古くから航海関係者や漁民の間で、霊験あらたかな神として崇敬されてきた。
・【和歌の神】
古来より住吉大社は白砂青松の風光明媚なところから、万葉集や古今和歌集などの歌集に数多く歌が詠まれている。
特に平安時代からは、歌道を志して参拝する人々も少なからず、献詠もまた数知れず。
境内にはたくさんの歌碑・句碑が奉納されている。
・【農耕、産業の神】
住吉大神が草を敷かずに苗代をつくる方法を教えたという伝説により、古くから「農耕の神」として篤い崇敬を受けている。
古い時代の農耕は当時の産業を代表するもので、住吉大神は「産業の神」とも崇敬され、現在は農業関係者のみならず、商業・工業関係者からも深く信仰されている。
・【弓の神】
神功皇后の新羅遠征(三韓遠征)神話に由来。
神功皇后は住吉大神の力をいただき、自らも弓鉾をとり、大いに国威を発揚せられたとある。
・【相撲の神】
「住吉松葉大記」によれば、往古の住吉大社年中行事のうち、相撲会(すもうえ)の神事が最も壮麗で盛大なものであったと言われている。

5.02 週間前

全国にある住吉神社の総大社です。南海線住吉大社駅下車すぐ。
大きな敷地に多数の名刹があり重要文化財に指定された社殿などお参りに気合いが入ります!
美しい朱色の太鼓橋を渡って垂れ桜の桜く鳥居と本宮入口へ。
伺う前に見取り図と解説を良く読んでから参拝することをオススメします。
御朱印は、和紙に刺繍入りのものもありました。
飛行機の時間があって滞在時間が30分無かったので次回はゆっくり伺いたいです。
さすが人々の崇敬を集める由緒ある素晴らしい大社でした。
南海難波駅から関空行きの急行でそれほど時間がかかりません。
ぜひ行かれることをお薦めします。

4.01 週間前

由緒正しい大きな神社⛩

大きく迫力のある神社でした。
見所も幾つかあるので時間に余裕があればじっくり周れると思います。
ただ今はコロナ禍で見れないところ、触れれないところが何箇所かあったので、全部は見れないです。
コロナが収束したらしっかりと参拝したいと思います。

駐車場は隣にあり、時間貸しの駐車場です。
初めて訪れましたが、路面電車?が通っているので出入りする時は気をつけて下さいね!

写真は入口一枚しかありませんが、神聖でパワー感じました。
行く価値はあると思います。是非!

5.02 週間前

商売繁盛と家内安全を祈願する神社です。歴史ある大きな神社で、境内に幾つもの境内社があります。お宮参りの方が多く参拝されていました。
正面の鳥居をくぐって、赤い大きな太鼓橋があります。幅の狭い階段になっていて、足の悪い方は、登り降りがし辛いかもしれません。参拝の経路として良いのか悪いのか分かりませんが、駐車場から太鼓橋を回避して拝殿に行く通路もあります。

レビュー (0)