霊狐塚

愛知県の観光情報


霊狐塚3.6

LINEで送る
このスポットに行くGoogle Transit

愛知県豊川市豊川町にある日本三大稲荷の一つ、豊川稲荷。
豊川稲荷は、妙厳寺の境内に鎮守として祀られた「豊川枳尼真天」の通称である。
600年前の室町時代に作られ、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康らが信仰した。
神社ではなく、正式名は豐川閣・妙嚴寺(みょうごんじ)で、曹洞宗の由緒あるお寺だ。
境内の参道には鳥居が立ち、本殿よりもさらに奥に進むと白地に赤い文字ののぼりが現れる。
その先には、赤いよだれかけをつけた大小1000体以上の狐の石像、霊狐塚(れいこづか)があり、その数に圧倒される。
この狐の石像は願いがかなった人々が奉納したものでいろいろな表情をしている。
商売繁盛、金運のパワースポットとして観光客で賑わう。
所在地:愛知県豊川市豊川町1
交通アクセス (1)JR飯田線「豊川駅」下車 徒歩3分
(2)東名高速道路「豊川IC」より車で5分

目的インスタ映え,パワースポット,体験,恐怖スポット,神社・寺,観光名所
最寄りの空港/駅豊川駅 (約0.5km) Google Transit

口コミ

5.0過去 1 週間以内

令和3年1月2日初参拝です。東京赤坂見附の別院には定期的に参拝してました。今回初めて豊川の本院に参拝することができ感動しました。お札とお守りをお分け頂きました。静岡にいる間に何回か参拝できるといいなぁ。

5.03 週間前

日本の三大稲荷「豊川稲荷」です。
本当の名前は妙厳寺だそうです。

本殿を拝したあと右手方向、奥の院方面に向かうと途中に狐を祀る塚があります。

個人で寄付した狐の像が多数あり圧巻でした。

地元の方々から崇敬を集める良い寺社です。

5.01 か月前

曹洞宗の寺院。
古くは神社・寺院が同じ敷地にある事が多かったが、明治期に神仏分離が起こり、寺を排除する動きがありました。筑波山神社と大御堂がその一例です。
ここ妙厳寺は、壊されずに残っている珍しい寺院と言ってもいいのではないでしょうか。なので鐘突堂もあり、鳥居もあり、不思議な景観を残しています。
豊川稲荷で親しまれているのも、その名残では無いかと思います。
普通、お稲荷様は神社に奉られています。しかし、ここはお寺なので御本尊は、豊川吒枳尼真天(とよかわだきにしんてん)と言います。なので、三大稲荷と言われていますが、入らないのかも知れません。他にも三大稲荷と呼ばれているところはありますからね。
境内には更に、千本鳥居ならぬ千本幟や霊狐塚など見所や御参り所が沢山あります。
沢山回って運気向上、パワーアップして行きましょう。

4.0過去 1 週間以内

コロナ対策で神社内の屋台は一切なく、見渡しよく一方通行になっています。おみくじも一方通行  で、料金を賽銭箱に入れ左に動きながら箱から取る形です。 密になることなくお参りできました。関係者の方々 ありがとうございました。

5.02 か月前

何度か参拝はしとことはあったのですがいつも混雑してて、本堂まででした。
今回は初めて奥の院まで足を運びました。観光で散策するには丁度良い広さで見所もあります。

レビュー (0)