淡嶋神社

和歌山県の観光情報


淡嶋神社4.0

LINEで送る
このスポットに行くGoogle Transit
お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

全国にある淡島神社(淡嶋神社)・粟島神社・淡路神社の総本社で、女性の病気回復や安産・子授けの神様で知られる和歌山県和歌山市の淡嶋神社。
海の青を浮かび上がらせる南紀の日差しと、潮の香りが旅情を誘う和歌山・加太の海岸沿いにあります。
人形供養発祥の地、ひな祭りの発祥の地として信仰を集めてきた神社です。
人形供養の神社としても有名で、境内には供養のため毎年3、4万体もの人形が奉納されます。
無数の雛人形や市松人形、フランス人形が境内に隙間なく陳列され、境内一円に奉納された2万体ともいわれる無数の人形であり、その様はひとえに壮観です。
その他信楽焼の狸の置物や招き猫、福助人形、干支の置物なども所狭しと並べられています。
幻想の世界が目の前に広がり、神秘的な雰囲気に呑まれそうになります。

2月8日の針祭(針供養)と3月3日の雛祭(お雛様を白木の舟に乗せて加太の海に流す雛流し)はとても有名です。

住所:和歌山県和歌山市加太116 淡嶋神社
最寄り駅:加太・南海電車「加太駅」 から徒歩20分。

目的インスタ映え,パワースポット,ビーチがある,恐怖スポット,観光名所
最寄りの空港/駅加太駅 (約1.3km) Google Transit

口コミ

3.02 か月前

小さいが大人気で賑わっていました。外には色んな人形や色んな動物の陶器の置物、お面など見て回れます。子宝に恵まれる様にと下着を袋に入れて納めるやり方に驚いた。夫婦円満や縁結び、金運が上がるなど…色んなとこで小銭を用意した方が良いかも(笑)車でお越しの場合、休日は駐車場の入り口が並ぶので気を付けた方が良い。

5.02 か月前

人形がずらっと並び、はじめは少し怖いイメージもあるかもしれませんが、行ってみると優しい雰囲気の神社です。

神社の方にお聞きしたお話ですが、人形が境内へ飾られるようになったのは約30年前ほどで、最近のことだそうです。

昔は、預かった人形は表に出さず供養した後、お焚き上げしていたそうですが、当時の宮司さんが
「人形は人にみてもらってこそ幸せだ、これこそ供養になる」
という粋な計らいで、現在のように境内へ飾るようになったそうです!

また、お正月などは一体ずつ丁寧に掃除をしたりと神社関係者の方々が大切に供養されてるそうです^_^

1.0過去 1 週間以内

友ヶ島汽船の待ち時間に行ってみた。人形やら何やらがある程度はきれいに整頓されていたが、野ざらし雨ざらしの物も多かった。

供養すると言って金を取って預かった人形をUSJに貸し出したそうな。なかなかの商売人魂ですね。

ちょうど拝殿を解錠する時間だったので、係員のおばさんが扉を開けていたが、大きくて重そうな丸落しを雑に落とすので、地の石がボロボロに割れていた。もう少し丁寧に扱いなさいよ。そう言う雑な扱いを観光客の目の前で平然とやる神経も理解不能。

3.01 か月前

大阪と和歌山の県境に位置する海沿いの神社⛩
人形供養の神社として知られ、毎年行われる雛流しは恒例行事となっています。
心霊スポットとして騒ぎ立てるメディアもありますが、そのような怖いイメージはなく海辺の明るい神社です。
変な噂をかき立てることは止めて静かに見守ってほしいです。

5.03 か月前

ビジュアル好きな人に。ご供養されたお人形や干支の置物がびっしりと置かれていてカラフルな別世界。神社の朱塗りの柱や欄干に映えます。映画のDOOLの赤色を思い出した。寺社巡りは趣味ではない人も楽しめるかも。日本人形、博多人形、市松人形、カエルやタヌキの置物、そして圧巻は順番に並べられた十二支のコーナー。

レビュー (0)