淡嶋神社

和歌山県の観光情報


淡嶋神社4.0

LINEで送る
このスポットに行くGoogle Transit
お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

全国にある淡島神社(淡嶋神社)・粟島神社・淡路神社の総本社で、女性の病気回復や安産・子授けの神様で知られる和歌山県和歌山市の淡嶋神社。
海の青を浮かび上がらせる南紀の日差しと、潮の香りが旅情を誘う和歌山・加太の海岸沿いにあります。
人形供養発祥の地、ひな祭りの発祥の地として信仰を集めてきた神社です。
人形供養の神社としても有名で、境内には供養のため毎年3、4万体もの人形が奉納されます。
無数の雛人形や市松人形、フランス人形が境内に隙間なく陳列され、境内一円に奉納された2万体ともいわれる無数の人形であり、その様はひとえに壮観です。
その他信楽焼の狸の置物や招き猫、福助人形、干支の置物なども所狭しと並べられています。
幻想の世界が目の前に広がり、神秘的な雰囲気に呑まれそうになります。

2月8日の針祭(針供養)と3月3日の雛祭(お雛様を白木の舟に乗せて加太の海に流す雛流し)はとても有名です。

住所:和歌山県和歌山市加太116 淡嶋神社
最寄り駅:加太・南海電車「加太駅」 から徒歩20分。

目的インスタ映え,パワースポット,ビーチがある,恐怖スポット,観光名所
最寄りの空港/駅加太駅 (約1.3km) Google Transit

口コミ

5.0過去 1 週間以内

聖地巡礼5日目

奈良、大阪の巡礼を終えて、いよいよ巡礼のクライマックス和歌山に入る。

予定では加太の港から旧日本軍の聖地、友ヶ島に渡る予定だったが、友ヶ島汽船が悪天候のため全便欠航となってしまったので、淡島神社だけ参拝。

ここも友ヶ島ほどではないがかなり気味の悪い場所。人形愛好家の聖地である。「USJ」で「祟り」というアトラクションをやった時に、ここから大量の人形が貸し出され物議をかもしたこともあった、人形供養で有名な神社。今日も老夫婦が古びたひな人形一式を納めに来ていた。

到着した時にちょうど風雨が強くなり撮影には条件が悪いと思ったのだが、なかなかどうしてこの風雨が幸いして人形の髪やかんざし、着物などが最高にバタつき、なかなかのオカルト感を出してくれた。「荒天」転じて「好天」となったベストコンディション男の面目躍如というところである。

この神社、本堂にはひな人形、外縁には日本人形が並べられ、境内にはその他の置物やお面が並べられている。

そして左奥にある格子の入った「末社」にはなぜか男根のオブジェがたくさん収められている。ここに下着を投げ込むと子宝に恵まれるという奇習もあり、参拝者が後を絶たない。

4.03 週間前

海の景色が美しい。女のための神様で人形祀りでも有名。海を見て参拝して、近隣にある日帰り入浴ついでにも楽しめる。心が洗われる

3.01 か月前

神社好きのためいってみました。
置物がいっぱいでした!
食べるお店が近くにあったのもよかったです。
しらす丼がよさげです。

4.02 か月前

人形供養の社と耳にしつつ、「あわしま」巡りの一環で参拝。夕方に境内に入ったのですが、間近の海の景色とは雰囲気一変。
正直ちょっとぉぉと思ったけど、一寸法師とか子の巣立ちとか思いをはせると、いい風習なのかも。

4.02 か月前

駐車場が少なく狭く、それだけは残念ですが、お人形様方が鎮座し、自分は気持ち悪いと思わず、それぞれのお顔を拝見しながら、新たな活躍場所でいきいきしているような雰囲気に安心しました。お人形様の行く末は処分に困り厄介者扱い。しっかり供養していただけて嬉しいです。

レビュー (0)