水郷佐原あやめパーク

千葉県の観光情報


水郷佐原あやめパーク

LINEで送る
このスポットに行くGoogle Transit
お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

千葉県香取市にある市営植物園で、江戸時代に利根川の水運で栄え、重要伝統的建造物群保存地区として選定されている「佐原」の街に近く、水郷筑波国定公園の表玄関として水と緑を生かした水郷地帯を代表する観光レクリエーション施設。

約8ヘクタールの園内は島や橋、水面を配置し、アヤメ、ハナショウブやハス、フジ、ポプラなどが植えられ、水郷地帯の面影を表現しています。

日本有数のハナショウブ田であり、江戸・肥後・伊勢系など400品種150万本の花菖蒲が咲き乱れ、美しい紫色が広がります。
見ごろ:5月下旬~6月下旬
「藤袴(ふじばかま)」・「大納言(だいなごん)」など粋な名前のついた花菖蒲が、白・紫・黄色など涼やかに咲き誇ります。

あやめ祭り期間中は、嫁入り舟や佐原囃子の演奏など様々なイベントが行われます。
日本の花菖蒲園で唯一、舟による花鑑賞ができ、サッパ舟と呼ばれる小舟で園内の花めぐりを楽しめます。(有料、1周約15分、500円/人)
舟から眺める花菖蒲もまた格別です。
絣(かすり)の着物に赤い前掛けと足袋、三角の編み笠をかぶって棹(さお)を操る女船頭さんの姿は、この時期の風物詩となっております。

7月上旬~8月上旬のはす祭りでは品種数では日本一の規模を有し、300品種以上のハスが鑑賞できます。
2000年前の種から発芽した大賀ハスや、花弁の数が1000枚以上ある千弁蓮など非常に珍しい花を見ることができます。

ハナショウブをイメージした大型滑り台やターザンロープなどの遊具施設と芝生の広場もあります。
房総の魅力500選に選定されています。

住所:千葉県香取市扇島1837-2
休園日:毎週月曜(祝日の場合は翌平日)、年末年始12月28日~1月4日 ※ただし、5~8月あやめ祭り・はす祭り期間中は無休
交通:(1)JR佐原駅から関鉄観光バス与田浦経由潮来車庫行きバス乗車、水郷佐原あやめパーク入口下車。
    JR十二橋駅から徒歩3km (あやめ祭り期間中は佐原駅からシャトルバス運行あり)
   (2)東関東自動車道 佐原香取ICから車で20分
入園料金:
【4月、9月~11月】大人200円、65歳以上150円、小・中学生100円
【5月~8月】大人600円、65歳以上500円、小・中学生300円
【あやめ祭り期間中】大人800円、65歳以上700円、小・中学生400円
【12月~3月】無料
備考:インターネット割引券あり

営業時間 :
【あやめ祭り期間】午前8時~午後6時30分
【はす祭り期間】午前7時~午後3時(土日祝のみ午前6時~)
【その他の期間】午前9時~午後4時30分
※入園は閉園時間の1時間前まで


写真提供:香取市 

目的インスタ映え,季節の花,観光名所
最寄りの空港/駅佐原駅 (約4.6km) Google Transit

口コミ

3.01 週間前

あやめや菖蒲、蓮など見頃で綺麗です。ただ、一度行けば良いかなぁ(苦) 舟は、、乗る前のテンションが最高潮。出発してからは、呆気ないしこんなもんかな気分で終わった。無理して乗らなくても良いかな。 近くの潮来(セットで行く人が多そう)の方が◎。

4.02 週間前

6月下旬で、見頃は過ぎていて咲き終わった花が沢山残っていました。ゆっくりと色々なアヤメを見る事ができました。今年は、入口で、検温とアルコール消毒をしてから入場しました。

3.0過去 1 週間以内

コロナで中止しているけど見頃になると観光客で賑わいます。

4.05 か月前

あやめパークへ目的を持って出掛けたことがないと思っている。近くに行った時に思い出して寄ってみる程度ですが、寄ってみて感動して帰ってくるのが、いつもです。菖蒲の花が咲いていたのは勿論蓮の花が咲いていたのも鯉も流れも藤棚にも以前は、メダカにも東日本地震や台風の被害にも冬の誰もいないにも心を動かされてきました。駐車場は、広くなりトイレも新しくなり施設が充実していくのはうれしいね。ただしここでなければ食べられない名物が、欲しいといつも思います。

5.03 週間前

菖蒲の咲く頃は最高の癒やしスポット🎶
近辺はバス釣りもできて言うことなし‼️

レビュー (0)