大阪天満宮

大阪府の観光情報


大阪天満宮2.6

LINEで送る
このスポットに行くGoogle Transit

大阪天満宮の創始(御鎮座)は、平安時代中期にさかのぼります。菅原道真公は、延喜元年(901年1月25日)、政治の上で敵対視されていた藤原時平の策略により昌泰4年(901年)九州太宰府の太宰権帥に左遷されることになりました。菅公は、摂津中島の大将軍社に参詣した後、太宰府に向いましたが、2年後にわずか59歳でその生涯をとじました。(延喜3年/903年2月25日)その約50年後、天暦3年(949年)のある夜、大将軍社の前に突然七本の松が生え、夜毎にその梢は、金色の霊光を放ったと言われます。この不思議な出来事を聞いた村上天皇は、これを菅公に縁の奇端として、同地に勅命を以て鎮座されました。現在のご本殿は、天保14年(1843年)に再建された物です。

目的観光名所
最寄りの空港/駅大阪国際空港(伊丹空港) (約12.5km) Google Transit

レビュー (0)