大鳴門橋

徳島県の観光情報


大鳴門橋3.7

LINEで送る
このスポットに行くGoogle Transit

兵庫県南あわじ市の淡路島と徳島県鳴門市の大毛島間を結ぶ、1985年開通の吊り橋です。
全長が約1.6km、幅25m、水面からの高さは約45mになり、鳴門大橋とも呼ばれています。
2層構造の上部は神戸淡路鳴門自動車道、新幹線用として設計された下部は、一部のみ観光用歩道になっています。

世界最大級のうず潮で知られる鳴門海峡を渡る四国と関西を直結する交通の要であり、観光ルートです。

鳴門大橋は、期間限定でライトアップイベント(年末年始、震災記念日、ゴールデンウィーク、阿波踊りや夏休みシーズン、日没~)を開催しています。
大鳴門橋遊歩道「渦の道」にはガラス張りのフロアがあり、45mの眼下に奇勝・うず潮を見ることができます。

大鳴門橋遊歩道 渦の道:徳島県鳴門市鳴門町(鳴門公園内)
営業時間:夏季(3月~9月) 9:00-18:00、冬季(10月~2月) 9:00-17:00、ゴールデンウイーク及び夏休み 8:00-19:00
休日:3月、6月、9月、12月の第2月曜日
入場料:大人510円、中高生410円、小学生250円

目的アクセス良好,インスタ映え,スリル満点,ビーチがある,夜景,自然観察,観光名所
最寄りの空港/駅鳴門駅 (約7km) Google Transit

口コミ

3.01 週間前

渦の道は大鳴門橋の車道下に設置された海上遊歩道です。約450m先の展望室にはガラス張りの床があり、世界三大潮流の一つ「鳴門海峡」に発生する「渦潮」を、約45mの高さから、覗き込むことが出来ます。渦潮の発生時間は毎日違うため、事前に確認が必要です(渦の道HPより)

3.0過去 1 週間以内

気軽に鳴門の渦を鑑賞できるスポット。
勿論、実際に渦を見るには、時期や干潮満潮の時間帯を見て訪れる必要はあるが、大鳴門橋とその眼下に見てとれる潮の流れの激しさと高さは、中々楽しめる場所。

5.02 週間前

迫力満点。
なかなか体験出来る事ではない。
瀬戸内海の上、海にかかる橋を歩くなんて…
風が強い日は大変。パンツルックをオススメ。渦潮の出来やすい時間をリサーチしていくのがベスト。

4.0過去 1 週間以内

渦潮を真上から観ることが出来る施設です。かなり高いところで途中の通路からも景色が良く見えます。ただし、高所恐怖症の人は無理かもしれません。子供たちは透明のガラス板の上を楽しそうに歩いていました。

5.03 週間前

橋の高さから通路の床の窓越しに観る海は最高。大人でも窓の上を歩くには根性がいります。風があるので夏場は涼しく冬場は寒いです。天気がよい日は絶景!

レビュー (0)