鎌倉大仏

神奈川県の観光情報


鎌倉大仏4.6

LINEで送る
このスポットに行くGoogle Transit
お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

鎌倉大仏は日本で2番目に大きい大仏として知られており、鎌倉地区の最大の観光スポットの1つです。高さ11.312mもの鎌倉大仏の存在感は見事なもの。ちなみに、顔の長さは2.35m、目の長さは1m、耳の長さは1.9m,
重量は約121t。…大きいですね。大仏の中に入ることもできるので、行くのなら迷わず中に入ることをオススメいたします。
周辺にはアジサイの名所として有名な成就院や長谷寺、約900mも続く由比ヶ浜ビーチがあります。他にも寿司屋やご当地の土産物屋など、楽しめるスポットがいっぱいの観光地です。

目的シニア向け,パワースポット,家族向け,日本のリゾート,観光名所
最寄りの空港/駅東京国際空港(羽田空港) (約34.3km) Google Transit

口コミ

5.02 か月前

鎌倉のシンボルの大仏様は阿弥陀如来坐像で、高さは13・35mもあります。

大仏殿はたび重なる台風の被害を受けたり、明応7年(1498年)、東海道沖〜四国沖海底を震源とする超巨大地震(南海トラフ)による大津波により、流失してしまいました。(明応4年にも大地震説があり、研究されているそうです。)

この大地震による大津波の威力は凄まじく、紀伊から房総まで広範囲に襲い、浜名湖はそれまで淡水だったのにその津波がきっかけで汽水湖となりました。

あの関東大震災でも鎌倉大仏は前方に45センチ傾き、台座が地中に45センチのめり込んだ被害で耐えたそうです。

鎌倉大仏は海岸線からだいぶ離れているし、海抜もありそうで、そこまで津波が押し寄せたなんて明応大地震、恐るべしと思いました。

以後、大仏様は野ざらしです。あまりに災害が多く、大きな大仏殿を造営しても又壊れるかも、と時の権力者も思ったのかも知れません。

それでも却って露座の大仏様を目にした時に、日本の自然災害にもずっと負けなかったという圧倒的な強さと迫力があり、何度でも拝みたくなります。

20円で胎内巡りも出来、中では大仏の技法や、修復方法の説明書きがあります。
大仏殿の礎石が残されており、大仏様の大わらじも展示されていました。

5.02 か月前

鎌倉の大仏様です。評価することすらおこがましいですね。鎌倉に初めてお越しの際は、是非とも訪れて下さい。私に言われなくても訪れるかと思いますが。江ノ電長谷駅から大仏様に向かう道には色々なお店があり、お店巡りもオススメです。
拝観料は300円です。御朱印も300円で大仏様に向かって右側に御朱印所があります。

4.03 か月前

鎌倉の大仏様。これ以上の説明は不要か。
鎌倉駅から徒歩でも行けるが、やはり長谷寺とセットで江ノ電長谷駅からのルートが一番良いと思う。奥の売店にいろいろ大仏様のグッズも売っている。与謝野晶子の歌碑も見ておきたい。

5.05 か月前

角張った平面的な面相、低い肉髻猫背気味の姿勢、体部に比して頭部が大きい点など、鎌倉期に流行した「宋風」の仏像の特色を示しており、鎌倉時代を代表する仏教彫刻として国宝に指定されている。また、後世の補修が甚大な奈良・東大寺の大仏と比べ、ほぼ造像当初の姿を保っている点も貴重です。像は衣を通肩にまとう。浄土教信仰に基づく阿弥陀像が多く来迎印を結ぶのに対し、本像は膝上で両手を組む定印を結んでおり、真言ないし天台系の信仰に基づく阿弥陀像であることがわかります。像の原型の作者は不明。鋳造には河内の鋳物師・丹治久友がかかわっていることが以下の史料から判明する。久友は、1264年に鋳造した大和吉野山蔵王堂の鐘銘において「新大仏鋳物師丹治久友」と名乗っており、同年鋳造の東大寺真言院鐘の銘にも「鋳物師新大仏寺大工」とある。鋳造は体部が7段、頭部は前面が5段、背面が6段に分けて行われていることが、像の内外に残る痕跡からわかる。材質は通常「銅造」とされているが、正確には青銅である。1959年~1961年にかけて行われた修理・耐震補強工事の際、頭部内面から試料を採取して、材質調査が行われ、この結果から、本像の鋳造に際しては宋から輸入された中国銭が使用されたと推定されている。鉛の比率が高いことから、像表面に金メッキを行うことは困難であったと推定され、造像当初は表面に金箔を貼っていたとされており、現在でも右頬に金箔の跡が確認できる。
像内は空洞で、人が入ることができ、一般拝観者も大仏内部を見学することができる。内部から見ると首のくびれに相当する場所が変色している(画像参照)が、これは補強を行ったさいに塗布された繊維強化プラスチックによるものである。

5.03 か月前

一度は拝観したかったので大満足です。人が多く待ち時間が長かったので諦めましたが、子供たちが大仏内部にも入りたいとのことなので再挑戦します。生しらす丼もタコせんべいも安くて美味しかったです。

レビュー (2)

X2







Strongly recommend you to visit by train due to massive traffic jam in this old town. As I mentioned in my profile, I will pick you up at the entrance of your hotel, then bring you to Kamakura by train. It's also great idea to use bicycle to go around in this small and historic town.
"Enoden" trip, which is the single track local train from Kamakura to Enoshima, will be highlight of your Kamakura visiting.

Please enjoy!

訪問時期2016年 3月

続き閉じる
X18

鎌倉は、武士が率いる最初の軍事政権が 12 世紀に設立され、政治、軍事、経済、外交面での中心として栄えた都市です。 当時、仏教は、その後政府の庇護の下で途方もなく開発し、大仏は仏教関連構造をこれらの 1 つを表します。 私たちだけではなく大仏が...

鎌倉は、武士が率いる最初の軍事政権が 12 世紀に設立され、政治、軍事、経済、外交面での中心として栄えた都市です。

当時、仏教は、その後政府の庇護の下で途方もなく開発し、大仏は仏教関連構造をこれらの 1 つを表します。 私たちだけではなく大仏がまた他の様々 な寺院や鎌倉周辺シャイアズをご覧ください。

Kamakura is the city where the first military government headed by Samurai was established in the 12th century and flourished as the center in respect of politics, military affairs, economics, diplomacy and etc.

In those days, the Buddhism developed tremendously under the patronage of the-then government, and Daibutsu represents one of these Buddhism-related structures. Let us visit not only Daibutsu but also other various temples and shires around in Kamakura.

続き閉じる

すべてのレビュー