旧古河庭園

東京都の観光情報


旧古河庭園

LINEで送る
このスポットに行くGoogle Transit

武蔵野台地の斜面と低地という地形を活かし、北側の小高い丘には洋館を建て、斜面には洋風庭園、そして低地には日本庭園を配したのが特徴です。
この庭園はもと明治の元勲・陸奥宗光の邸宅でしたが、次男が古河家の養子になったのち、古河家の所有となりました。尚、この当時の建物は現存していません。
現在の洋館と洋風庭園の設計者は、英国人ジョサイア・コンドル博士(1852~1920)です。博士は当園以外にも、旧岩崎邸庭園洋館、鹿鳴館、ニコライ堂などを設計し、我が国の建築界に多大な貢献をしました。
日本庭園の作庭者は、京都の庭師・七代目植治こと小川治兵衛(1860~1933)の手によるものであり、彼は当園以外にも、山縣有朋の京都別邸である無鄰菴、平安神宮神苑、円山公園、南禅寺界隈の財界人の別荘庭園などを作庭しました。

戦後、国へ所有権が移りましたが、地元の要望などを取り入れて、東京都が国から無償で借り受け、一般公開されました。
数少ない大正初期の庭園の原型を留める貴重な存在で、伝統的な手法と近代的な技術の融和により、和洋の見事な調和を実現している秀逸で代表的な事例となっています。また、現存する近代の庭園の中でも、極めて良好に保存されている数少ない事例として重要であることから、平成18年1月26日に文化財保護法により国の名勝指定を受けました。

目的インスタ映え,体験,女性好み,季節の花,観光名所
最寄りの空港/駅東京国際空港(羽田空港) (約21.9km) Google Transit

口コミ

4.02 か月前

薔薇がきれいに咲いているだけではなく、洋館(有料)や庭園を散歩できます。空気がきれいだったり晴れれば水面に反射する情景も美しく心穏やかに過ごせます。庭園に茶屋があり、抹茶体験(500円)をするところもあり、風情を楽しむには良いかと思います。秋の薔薇の季節、コロナ禍のため予約入場が必須ですが、予約をしていない方も人数に空きがあればその場で予約し入場できます。事前予約が吉です。

5.01 か月前

洋館は100年以上前の石造りの建物で、非常に保存状態が良く手入れされています。お庭もキレイで、ほぼ一年中、入れ替わり立ち替わり咲く感じで、お花たちが季節を感じさせてくれます。洋館の外に日本庭園や茶房もあり、お抹茶もいただけてなかなかお素敵な時間が過ごせる、どこか東京にいることを忘れてしまう不思議な空間です。旧古川財閥の財力恐るべし〜ですね。

4.05 か月前

2021.8.21.
大正時代の庭園を感じられる、和洋統合庭園になっていて四季を通して楽しめる、また徒歩15分程で飛鳥山公園にも行くことができる。

【東京メトロ南北線】
西ヶ原駅から徒歩10分程

【京浜東北線】
上中里駅から徒歩10分程

【山手線】
駒込駅から徒歩10分程

【開園時間】
午前9:00~午後5:00
最終入園時間午後4:30迄

【入園料】
一般150円  65歳以上70円
障害者・介護者は無料
障害者手帳の提示が必要です。

【年間パスポート】
一般600円  65歳以上280円

【都立9庭園共通年間パスポート】
一般4.000円 65歳以上2.000円

※洋館入館料は別途料金になっている。

※当面コロナ禍の為に、入園料の他に予約整理券が必要で、他の都立9庭園も該当するみたいです。

5.01 年前

平日の昼間に伺いました。
とても暑かったのですが、和傘の貸出もしており人も少ない時間帯・環境だったので優雅な時間が過ごせました。

5.02 か月前

久しぶりに薔薇を観に行きました。
秋バラもそろそろ終わりかなと思いますがギリギリ間に合った感じでした。
薔薇と洋館のマッチングもよいし奥の日本庭園も綺麗に整備されてます。
駒込駅近くには六義園もあるので時間あれば両方行きたいですね。

レビュー (0)