ハウステンボス

長崎県の観光情報


ハウステンボス4.6

LINEで送る
このスポットに行くGoogle Transit
お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

単独テーマパークとしては日本でダントツの面積を誇る「ハウステンボス」。ハウステンボスとはオランダ語で森の家を意味し、その名の通り森のように広い敷地の中に、大人も子供も楽しめる様々な施設が用意されています。加えてアミューズメント施設、美術館、ホテルまで揃っているので、ゆっくりと、思い思いの時間を過ごすことができます。
季節にあったイベントが一年を通して絶え間なく開催されるので、どの季節に行っても楽しめるのがポイント。四季折々の花が来園者を出迎えてくれます。2~4月にかけてのチューリップ祭、4月開催の九州最大級25万5千株の芝桜、冬のイルミネーションなどが特に人気です。

目的お祭り大好き,カップル向け,グルメ,シニア向け,シュール&クール,体験,子供サイコ―,家族向け,日本のリゾート,観光名所,買い物,超メジャー,遊ぶ
最寄りの空港/駅長崎空港 (約22.9km) Google Transit

口コミ

4.02 か月前

色々な花の季節に行くとコントラストが綺麗です。異国情緒なところで、ついつい同じとこ行ったりするので、乗り物とか歌劇団とか子が行きたがらないのでまだ全てを廻りきっては居ませんが散歩にはちょうど良いです。
企画物で色々やってるので、年パス持っているのでそれだけを見るために行ったりしてますが、歩くので本当疲れます。

3.04 か月前

夜景が綺麗でした。サプライズの花火も上がってとてもよかったです ただ四連休でアトラクションの待ち時間はながかったかけど、トータル楽しめましたよー。
移動に有料のカートといいますか、バスといいますか 移動手段としてあるのですが、めちゃくちゃ広い敷地で有名なハウステンボスさんやからこそ、是非無料でやって欲しいですしなんか不満な所の一つでもありました。運河を回る船は定期的に走ってるし無料で乗れたのですけどね、

5.02 か月前

某首都圏、関西圏有名テーマパークと異なりのんびりできる。かといって天空の城のような若者向けのアトラクションもあり、老若男女楽しめる。
スタッフの質は某有名テーマパークよりはラフなのかもしれませんが、堅苦しくなくてそれはそれで良いですよ。
満足です。

1.06 か月前

日本で1番高いフリーパス入場券7000円を払わなければ入れません。加えて1区画丸ごと休館(10個くらいのアトラクションが詰まったエリア)を何も説明なくゲートを通され(詐欺に近い)自転車を3時間借りるだけで3500円、フリーパスでは行けない施設の多さ。お酒をテイクアウトでひたすら販売しているのに飲酒しているのどんなアトラクションも利用できない。唯一のメリットはガラガラ具合。高くても空いてるのがお好きな方オススメです。

4.04 か月前

初めて行ったので、少し道に迷いましたが、無料の巡回バスや1人300円で目的地まで乗れる電動カートのタクシーを利用して園内を回りました。
結構広いので、歩きだけで回ると疲れます。
前泊して、観覧車に乗りました。
イルミネーションの夜景もきれいなので、2、30分並びましたがオススメです。
昼間は建物の装飾を見たり、ホテルヨーロッパの宿泊者専用のカナルクルーズに乗ったりして楽しめました。
行きたい場所を事前に選んでおかないと1日では周り切れません。
食事は夕食が魚一の海鮮丼でした。
ご飯の炊き方が緩く海鮮丼は今一でしたが、地酒の飲み比べセットのお酒と梅酒は美味しかったです。
追加で頼んだ鯨のフライは、おすすめするほどではありませんでした。
昼食はダムの長崎牛を使った佐世保バーガーを食べました。
店内は丁度お昼時だったので、修学旅行生や家族連れで混んでいて、平日でしたが席取りに苦労しました。
ハロウィンの装飾は頑張っていて良かったですが、ハエが飛んでいて、あまり落ち着いて食事が出来ませんでした。
肝心の味もボリュームも期待外れでがっかりです。
セットメニューのポテトとソーセージも出来立てではないし、半額でもいらない感じでした。
結論、食事以外は楽しめました。
宿泊したホテルが良かったので、少し甘めの星4つです。

レビュー (1)

X21

ハウステンボス海から回収された農地をもともと想像できますか。土壌の質を改善するためにする必要がある最初の事だったので、土地は汚泥、満ちていた。それを堆肥化と厳選 700,000 植物を植えて土地を掘った。今、エコ フレンドリーな環境に配慮したテー...

ハウステンボス海から回収された農地をもともと想像できますか。土壌の質を改善するためにする必要がある最初の事だったので、土地は汚泥、満ちていた。それを堆肥化と厳選 700,000 植物を植えて土地を掘った。今、エコ フレンドリーな環境に配慮したテーマパークがあります。ホテルやレストランからのゴミが公園で使用されている合鴨に変換され、公園から廃棄物の水が公園に面する大村湾の水よりも clearler。公園は、その電気の供給のための太陽光発電に依存します。ハウステンボスではない単なる未来の町がテーマの公園。

Can you imagine that Huis Ten Bosch was originally a farmland that was reclaimed from the sea. The land was filled with sluge, so the first thing they had to do was to improve the soil quality. They dug the land, composted it, and planted carefully selected 700,000 plants. Now, there is an eco friendly, environmentally conscious theme park. The garbage from hotels and restaurants is converted to fetilizer that is used in the park, and the waste water from the park is clearler than the water in Omura Bay, which the park faces. The park depends on the solar power generation for its electric supply. Huis Ten Bosch is not mere a theme park but the town of our future.

続き閉じる

すべてのレビュー

旅行プラン