国立科学博物館附属自然教育園

東京都の観光情報


国立科学博物館附属自然教育園

LINEで送る
このスポットに行くGoogle Transit

国立科学博物館附属自然教育園は江戸時代は高松藩主松平頼重の下屋敷として、明治時代は陸海軍の火薬庫として、大正時代は宮内庁の白金御料地として、一般の人々は中に入ることができない場所だったため自然が残されました。昭和24年に天然記念物および史跡に指定され、一般公開されるようになりました。

目的体験,観光名所,遊ぶ
最寄りの空港/駅東京国際空港(羽田空港) (約11.5km) Google Transit

レビュー (0)