首里城跡

沖縄県の観光情報


【世界遺産】首里城跡4.6

LINEで送る
このスポットに行くGoogle Transit
お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

首里(しゅり)とは、数世紀にわたって沖縄で栄えた琉球王国の首都の名称だ。琉球王国は19世紀に日本に編入されている。首里城は14世紀に建築され、現在の建物は1992年に復元されたもの。中心となる正殿(せいでん)はあでやかな朱色で彩られ、国王や貴族たちが政務や儀式を行う場所だった。

宮殿、門、池の庭園などの建築構造は、中国の城の影響を強く受けている。お城は丘の上にあり、眼下に那覇市の街並みが広がる。首里城の城跡といくつかの門は、2000年にユネスコ世界遺産として登録されている。

目的ここは行っとけ,世界遺産,私は芸術が好きだ,観光名所
最寄りの空港/駅那覇空港 (約7km) Google Transit

口コミ

5.0過去 1 週間以内

首里城から見下ろす景色もいいです。唐破風の造りが素晴らしいです。見ていて飽きません。那覇の街並みが一望できます。

2020.2.20 火災後に初めて来ました。実際に火災現場を見ると 改めて火災の凄さがわかります。当たり前のようにそこにあった首里城…。喪失感半端ないです。いち早い復興を心から願っています🙏。

4.01 週間前

沖縄の世界遺産である城跡群の象徴的存在。
復元された正殿等は琉球王朝時代を今も語り継いでいます。
レンタカーで行くと混んでいる時は駐車場探しに思わぬ時間を要します。
先日二年ぶりに訪れました。過ぎてしまったことは後戻りは出来ません。
再興に向け出来ることは協力したいと思います。

5.01 週間前

2月上旬に訪れました。昨年の火災で正殿等、以前見ることができた立派な建物は焼失してしまいましたが、さすがに他の城以上に立派なお城でした。守礼門に始まり、正門の歓会門、さらに瑞泉門、そして朱色の広福門、正殿前の奉神門に続きます。ここから先は入れないですが、物見台に行く途中では、変わり果てた正殿が見え、皆さん悲しまれていました。早い再建のためにも多くの方が訪れてほしいと思いました。

5.0過去 1 週間以内

内地にはない色彩の 異国情緒漂う 歴史を感じられる遺産でした。 去年 友達と二度目訪れました。 それから 少しして 朝出火のニュースが飛び込んできて あまりの驚きと悲しみに ショック状態に陥りました。 あれよあれよと言う間に 本殿 北殿と火が移ってしまい・・・最近 復元の計画が発表されていましたね❗ 待っています‼️

5.04 か月前

今年の2月に家族と行きました。
きれいだった頃の、首里城をgoogleマップに残しておきたくて、口コミします。

レプリカとはいえ、再建された首里城は荘厳な佇まいで、内装も美しくかつてあった琉球王朝の素晴らしさを思わせるものでした。
また、民族衣装 琉装をまとったスタッフの方々はどなたもとても親切で、熱心に内装や歴史について語ってくださいました…。
それだけに今回のことは残念でなりませんが、きっとまた、再建されると信じてます。どうか、また美しい首里城を再建できますように。

19年2月に整備が完了した「御内原(おうちばら)エリア」は多分残っているかと思いますので、そちらだけでも、見に行かれるといいかと思います。

レビュー (0)