首里城跡

沖縄県の観光情報


【世界遺産】首里城跡4.6

LINEで送る
このスポットに行くGoogle Transit
お勧め時期1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

首里(しゅり)とは、数世紀にわたって沖縄で栄えた琉球王国の首都の名称だ。
琉球王国は19世紀に日本に編入されている。首里城は14世紀に建築され、現在の建物は1992年に復元されたもの。
中心となる正殿(せいでん)はあでやかな朱色で彩られ、国王や貴族たちが政務や儀式を行う場所だった。

宮殿、門、池の庭園などの建築構造は、中国の城の影響を強く受けている。
お城は標高120メートル~130メートルの小高い丘の上にあり、眼下に那覇市の街並みが広がる。
首里城の城跡といくつかの門は、2000年にユネスコ世界遺産「琉球王国のグスク及び関連道産群」として登録されている。

首里城跡で復元された正殿等の建築物や石積は世界遺産登録に含まれません。

2019年10月31日に発生した首里城火災について、正殿を含む6棟が全焼、2棟が部分焼となり焼損床面積は約3813平方メートルだったので、現在は正殿を除く部分が見学可能となってます。

住所:沖縄県那覇市首里金城町1丁目2番地
交通:首里駅から徒歩で15分

開園時間(無料区域: 歓会門、木曳門、久慶門
開園時間 8:30~18:00

開場時間(有料区域: 奉神門・世誇殿・東のアザナ)
開場時間 9:00~17:30
(入場券販売締切17:00)

首里城公園施設の一部休場日: 7月の第1水曜日とその翌日

目的ここは行っとけ,世界遺産,私は芸術が好きだ,観光名所
最寄りの空港/駅首里駅 (約0.7km) Google Transit

口コミ

5.08 か月前

焼け落ちた正殿ですが、歴史の生き証人として見学することができます。また、世界遺産でもある正殿下にあった石組は無事なのと、その石組は4方向から見学できるということも特徴で、正殿が復活した際には以前のように1方向からだけとなるかもまだ、わかりません。

そんなことを考えると今だから見れる首里城ということを踏まえて、見学することをお勧めします。

また、新たに完成していた東のアザナからの景色は晴れていれば慶良間諸島やその反対方向には、久高島も見える素敵な場所です。

県民の方も観光客の方もぜひ、おすすめですので、行ってみてください!

5.02 か月前

国指定史跡首里城跡
首里城は沖縄県内最大の城で琉球王国統一王朝の首都たる城でした。
明治12年(1879年)沖縄県となった以後首里城は役割を終え建物が壊される予定でしたが、正殿などの建物を文化財として残すために沖縄神社を設置し沖縄神社社殿として国宝に指定されていましたが。
昭和20年(1945年)太平洋戦争の沖縄戦で焼失。城跡は戦後の琉球大学建設により破壊され一部が残る悲惨な状態でした。
1980年代に琉球大学の移転にともない首里城復元工事に着工。
平成4年(1992年)正殿などを復元。
平成12年(2000年)「琉球王国のグスク及び関連遺産群」としてユネスコ世界文化遺産に登録されました。
2019年に一連の首里城復元工事が完了し全域を観ることができるようになりましたが。
同年の火災によって正殿の他多くの復元建築と収蔵されていた文化財の多くが焼失しました。
2021年現在まだ復興されていません。
※写真は火災前の2019年7月時

#お城 #城跡 #城 #グスク #城巡り
#城好き #城好きな人と繋がりたい
#沖縄 #沖縄県の城 #ユネスコ世界遺産 #世界文化遺産 #琉球王国のグスク及び関連遺産群 #首里城跡 #首里城公園 #日本100名城

5.09 か月前

沖縄に行く際は必ず行きます。正殿の火災は衝撃的で胸が痛みました。正殿以外でも素晴らしい場所がありますし これから復興していく姿を見れるのは貴重だと思います。現在は大龍柱は間近で見れましたし 赤瓦の漆喰剥がしのボランティアもhpから参加できたりします。

4.09 か月前

初めはあんまり興味なかったんですが、那覇中心部からこんなに近いし、焼失してしまった首里城に少しでもお金を使おうと来てみました。結果、来てよかった。壮大なる琉球王国を見せつけられました。素晴らしい。本殿があったであろう所は囲いがされていて、そこに焼け残った龍のひげやらなんやらが置いてあります。完全な姿を拝見したかった。ボランティアの事を直前で知ってしまったので、もっと早く知って参加したかったです。

3.01 週間前

20210909
毎年復旧度合いを確認するために訪問してるのですがコロナの影響で最後の有料地域に入れず。
ただ、まだ基礎工事中みたいで去年と変わってなかったです。
完成は2026年みたいです。
どれだけ元の赤を出せるかがキーポイントですね。
また来年みに来ます。

レビュー (0)