今帰仁城跡

沖縄県の観光情報


【世界遺産】今帰仁城跡3.5

LINEで送る
このスポットに行くGoogle Transit

14世紀、琉球王国成立以前に存在した北山の国王・北山王の居城であった。
国の史跡に指定されている。
城壁の長さは約1.5km。高さは最も高い所で8mもあり、城全体の規模としては首里城に次ぐ大きさ。
石垣は「野面積み」といわれ最も古い造り方である。

城内からは中国や東南アジアなどの陶磁器が多く出土し、往時の繁栄をうかがわせる。
現在も石垣などの遺構の整備が進み、今帰仁城跡(なきじんぐすく、なきじんじょう、別名:北山城(ほくざんじょう、ほくざんぐすく))として1972年(昭和47年)5月15日に国の史跡に今帰仁城跡として指定される。

門から城の中心部へと向かう階段(戦後に造られたもの)の左右にはカンヒザクラの並木があり、日本一早く咲く桜として、毎年1月末 - 2月始めに開花する。
本部町の八重岳などと並び、桜の名所として知られている。

城内には志慶真乙樽歌碑や山北今帰仁城監守来歴碑記などの碑もある。
2000年(平成12年)11月に首里城跡などとともに、琉球王国のグスク及び関連遺産群としてユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録された(登録名称は今帰仁城跡)。
2010年(平成22年)2月22日に国の史跡地域が追加され、史跡名称が今帰仁城跡 附シイナ城跡へ改められた。

住所:沖縄県国頭郡今帰仁村
交通:那覇空港から車で約1時間50分
観覧料金:大人400円、小中高300円、小学生未満無料。

目的シニア向け,世界遺産,観光名所
最寄りの空港/駅那覇空港 (約60.7km) Google Transit

口コミ

5.0過去 1 週間以内

順位付けしてみた。

①首里城:言わずもがな。メインの建物が消失しても他の門や石垣、規模は圧巻。整備もよくされている。火災跡や戦跡としての価値もある。

②中城城:整っている。目の前に廃墟ホテルがあって立入禁止であるが、それを入れると世界最高レベルの城と化す。

③今帰仁城:整備が半分くらいになっているので荒々しく雰囲気が良い。規模も首里城についで巨大。

④勝連城:中規模ですっきりしている。あっけないが高度感は十分ある。

⑤座喜味城:小規模だが強固で曲面のある石垣は印象的。

4.03 週間前

石垣のカーブがとても美しい 沖縄の 城跡です。現在ここは 一人400円を払って 入場することができるようになっています。全体を見ると1時間はかかります 。興味深い昔の祭壇があり 伊是名島を 高台から見下ろせる場所など 見所がたくさんあります。 広々とした今帰仁城跡を見ていると 心が和みます。 今帰仁村の 文化博物館も一緒に見ると 楽しいです。

5.08 か月前

要塞感がすごくてワクワクした。

5.03 週間前

色々な城跡を見ましたが、世界遺産に登録されていることもあり、とても見やすく整備されています。

城跡の大きさ、規模もすごく大きいです。
周辺には村跡など様々な遺跡(こちらは無料)なので、城跡の往復時に寄り道してみていくとより琉球時代の歴史に触れることができていいと思います。

城跡も看板に説明がしっかり書いてあって分かりやすいし、規模や城の機能がよく分かりました。
ガイドさん無しで回りましたが、ゆっくり見て回って約45分。
景色も良くて、感動的でした。

駐車場も広いし、ちょっとした土産店などもあります。
美ら海など他の観光地も近く、名護に来たらぜひ行ってほしい場所です。

4.03 か月前

世界遺産のグスク群の1つ。八重岳と並ぶ桜の名所でもあります。入場は有料なので、桜目当ての場合は開花状況をよく確認してから行くのがいいですね。
城跡から海に向かって展望が開けており、特徴的な石垣の形状も印象的です。
城跡に入るとトイレがないので、先に済ませておくことをおすすめします。

レビュー (0)