琉宮城蝶々園

沖縄県の観光情報


琉宮城蝶々園3.2

LINEで送る
このスポットに行くGoogle Transit

「沖縄美ら海水族館」のすぐ隣にある、琉宮城蝶々園は東シナ海を見渡す展望レストランや土産店、日本一大きな蝶「オオゴマダラ」などと触れあえる蝶々園からなるテーマパーク。
自然を利用した500坪の蝶々ハウスは、滝が流れ、亜熱帯植物や原生の花々が咲き乱れ、ファンタジックです。
ハウスの中に日本最大の蝶【オゴマダラ】をはじめ、リュウキュウアサギマダラ、ルリタテハ、アオスジアゲハ、イシガケチョウなど約15種類、1000頭~1500頭の蝶々と触れ合う事ができます。
天然記念物のフタオチョウやオゴマダラにサナギの色が黄金なのでこちらも必見です。

住所:沖縄県国頭郡本部町山川390-1
営業時間:9~17時(入場は~16時30分)
定休日:無休
料金 入園大人500円、小人250円
交通:名護バスターミナル→65・70番の路線バスで1時間、バス停:山川下車、徒歩すぐ
車:沖縄道許田ICから40km50分

目的グルメ,海・ビーチ,体験,家族向け,日本のリゾート,生き物大好き,自然観察,観光名所,遊ぶ
最寄りの空港/駅那覇空港 (約57.8km) Google Transit

口コミ

3.06 か月前

10年以上前に亡くなった父と行きました。その時は大型バスがたくさん停まって、お土産コーナーもにぎやかでしたが…。かなり寂しくなってました。ほぼ貸し切り状態。でも変わらず蝶々がたくさんいて楽しめました。
頑張って営業続けて欲しいです。

2.04 か月前

色々な花が咲いている中を、様々な蝶が、飛んでいる、珍しい博物館です。

4.01 年前

上手くやれば蝶々を手に乗せられるし、値段も安い。美ら海水族館からの帰りに寄るのがオススメです。

4.01 年前

入って右手のカウンターでチケットを購入。入って正面奥にある真実の口のような機械に手を入れて入場。場内はやや広く起伏もあるので真夏は辛そう。ハウス内に蝶がたくさんいて、じっとしていると体にとまる事もある。子供が喜ぶ。蚊に注意。

5.01 年前

2歳の息子といきました。幼児にはちょうどよかったようで、とても喜んでくれていました。人も少なくて、ゆっくり蝶々と触れ合えました。

主人とわたしは入る前に、汗拭きシートで体を拭いていたためか、香りによってきたのか、めちゃくちゃ蝶々が体に集まってきて面白いことになりました(笑)

ちょうちょが集まるブーケがたくさん置いてあり、それを息子が持って喜んでいました。小さな子どもにはたいへん楽しいように思います。

レビュー (0)