箱根ラリック美術館

神奈川県の観光情報


箱根ラリック美術館4.0

LINEで送る
このスポットに行くGoogle Transit

フランスを代表する装飾美術工芸家、ルネ・ラリックの生涯にわたる作品を一堂に集めた貴重な展示の数々を、箱根の豊かな自然の中で堪能できる。
美術館棟、レストラン棟、ショッピング棟からなり、さまざまな楽しみ方ができるミュージアム。
http://www.lalique-museum.com/

目的女性好み,私は芸術が好きだ,観光名所
最寄りの空港/駅東京国際空港(羽田空港) (約77km) Google Transit

口コミ

4.0過去 1 週間以内

仙石原の奥になりますが、ルネラリックの収蔵品の量が多く、1時間はあっという間に過ぎます。アールヌーボーやアールデコ、ベルエポックの時代を堪能させてくれます。館内はとても静かで長く居ても居心地がよい美術館です。お庭もジヴェルニーのモネの庭園のような太鼓橋や睡蓮の池があって一休みに眺めるのも一興です。

4.0過去 1 週間以内

とても落ち着いて鑑賞出来て満足です。ショップがもう少し良いと良かったです。カフェの雰囲気も素敵でした!

4.04 か月前

なんといってもラジエーターキャップの
マスコットがお勧め。

美しいが退廃的で妖しい作品。
アールデコとカテゴライズするのは
簡単だがその危険でデカダンな魅力に
吸い込まれる。

H・R・ギーガー等は絶対に
このラリック影響を受けているんじゃないかとここに来るたびに思う。
妖しく怪しい魅力。

何年も昔 こちらで経験したこと。
興奮して作品を見ていると
店内の警備員が突然話しかけてきた。
お好きなんですか?
柔和な表情。
その雰囲気のままラリックの事を
詳しく語りだした。

なんなんだろう?この警備員さんは?
不思議に思っていると
その警備員店内のスタッフにも
細かく指示をだしているようだった。

もしかして警備員のかっこをしているオーナーさん?

詳細は解らず。
それ以降ここに訪れても
その警備員さんとはお会いしていない。

どこまでも妖しく怪しい世界。

いつもカーマスコットの光が
じんわり誘ってくる。
素晴らしい空間です。

5.05 か月前

アール・デコだけあって、建物のそこかしこが展示品です。きっと「え、これも展示品なの?」と思うはず。ガラス製品(主に香水瓶)や室内装飾、宝飾品などがあり、目の保養になる素敵な美術館です。ミュージアムショップが広くて、台所用品や文具など雑貨が充実してます。入り口から展示館に行く途中にヤドリギの下を通るのですが、彼氏や旦那さんと来た際には是非そこの説明書きを読んで実行してみて下さい。

5.03 週間前

初めてコートダジュール号で、珈琲とケーキを頂きました。ルネラリックデザインの豪華な内装に囲まれて、列車に揺られている気分を味わいました。

レビュー (0)